イラレデータの一部が消える

いつもお世話になってます。
早速なのですが、印刷物用のイラレデータを下版する際にフォントデータにアウトラインを掛けると一部のデータが消えるという現象が年に一度位の頻度で起きています。
それは、校正段階(インクジェットプリンター出力で数回の校正)では問題ないものが、校了して、いざ下版データを作ると予想もしていない部分が消えてしまうのです。予想もしていない部分なので、ついついチェック漏れをしてしまい、印刷が上がってから気が付くという最悪のパターンです。最終データからの出力紙をきっちりチェックすれば事故は防げるのでしょうが、時間との戦いの中ついつい完全にはチェックできずに印刷にまわしてしまっているのが現状です。
ただ、こういったイレギュラーな現象がなければ、非常に安心できるのですが…。
どなたかこのような現象に心当たり、または原因が分かる方がいらっしゃいましたら、教えていただけますか。よろしくお願いいたします。
【作業環境】
PowerMac G4 1.25G Dual(現在)
PowerMac G3 MT300(以前使っていたのですが同じ現象が起きました)
OS 9.2.2
イラレ8.01J
» フォントは?
» フォントは、ダイナフォントなどアウトライン可能なフォントです。
» 消えたことはないのですが、1回だけですがアウトラインすると文字が2つ重なったことがありました。
例)
アウトライン前「DTP駆け込み寺」
アウトライン後「DTP駆けけ込み寺」

その時の環境は
OS 9.2.2
イラストレーター10.0.3
フォントはモリサワNew-CIDの中ゴシックBBB
でした。
» AstroBoyさん はじめまして。
情報ありがとうございます。
フォントのアウトライン後に一文字増える!? 消えることがあれば増えることもあるのですかね~ 驚きました。
でもどうしてなのでしょうね? ソフトのバグ? それとも操作環境の中で何らかのタイミングで起きてしまうトラブルなのでしょうか?? う~ん????
» 記憶が確かなら・・・・
DFPの一部のパッケージに含まれていた書体の特定のバージョンでは、
アウトラインデータの不備(実装不良)により、アウトライン抽出、
ならびに、PDFエンベットに不具合があったみたい。
発売元のサイトで、アップデートの告知が出ていたと思います。
該当するパッケージなのか、確認してみたらいかがですか?
» KIRINさん 情報ありがとうございます。早速確認してみたいと思います。