デジタルとアナログ

DTPも15年ですが、
これからどのような様相を見せていくのか考えます。

15年前に渋滞製版からPCを前にした時のDTPへの発見やきらめきと同時に未知への不安に似たものを感じています。

PCに偏って考えるとカラーマネージメントやOTFの普及やワークフローでのCGやWEBなど融合などが考えられるのでしょう。

一方、
小生、
昨年は二科展やFUKUDA大賞に出品してみた感想として、
今でも手書きの作品が現役なのに驚き、
また、
新しい傾向としてDTP作成しプリントしたものに、
筆で色を加える作品などアナログの世界は今でも健全だという驚きです。

これはまた、
今でもイラストレーターの多くが、
今でも筆で描いている状況とも重なります。

これからのDTPについて、
皆さんのご意見をお聞きしたいと思っています。