カラー新聞広告の画像インク総量調整方法

いつも参考にさせていただいています。

制作会社で印刷物のデザインをしています。
新聞のカラー広告を入稿した際にインク総量のオーバーでエラーになることがありました。
私が入稿している新聞社はインク総量制限が240%です。
いつも、他の印刷物で使用した画像を新聞用にインク量を超えないようにフォトショップで調整して、
インデザインのインク総量表示でチェックをしています。

入稿の際、なるべくきちんとしたデータを作るようにこころがけてはいるのですが
数ピクセルで越えている場合でもエラーとして戻ってくることがあります。
他の制作会社の入稿データでインク総量のエラーはないというお話なのですが
参考までに知り合いの印刷会社さんにきいたところ、
新聞用という前提(インク総量を設定して画像を調整する)でのデータ分解は
あまり聞いたことがない&ウチでは引き受けたことがない、というお話でした。
(新聞社の入稿ガイドには、本格的な調整は技術がいるので本職(=印刷会社等)に
頼んだ方がよい、という注釈もついています)

私は今のところ、
・画像全体を薄くする
・レベル補正や明度の調整レイヤーで部分部分を調整する
という方法で作業しているのですが
みなさまは画像のインク総量の調整をどのようになさっているのか
教えていただけたらと思いました。
以前、夜景の画像を調整したときは本当に苦労したので
そういった暗い画像の調整のコツなどがあれば、それもおしえていただけるとうれしいです。

私の制作環境は
MacOS10.4.11、イラストレーターフォトショップもCS2です。

どうぞよろしくおねがいいたします。
» 001
カラー設定で、インキの総使用量の制限を240%にすればいいだけでは?
» 002
プロファイル「Japan Color Newspaper 2002」なら
インキの総使用量は240%では?
プロファイル変換すると総量240%になるはずです。
CMYKの作業環境をこれにしとけばいいんじゃないですか。
必要なら新聞社からプロファイルを貰えば良いのでは?

>他の印刷物で使用した画像を新聞用にインク量を超えないようにフォトショップで調整して、

そういうやり方じゃ無理っすね。
CMYKCMYK変換じゃ良い結果にはなりませんから。
新聞印刷用の分解の場合、キモになるのは全インキ総量も
そうなんですが、「インキの量」です。
» 003
2008さま

すばやい返信ありがとうございます。
実は、カラー設定でも疑問があってやり方を試行錯誤していました。

1.フォトショップのカラー設定を「日本新聞用」にしてからもとの画像を開く

2.別名で保存

または

3.カラー設定はプリプレスのまま元画像を開き、カラー設定を「新聞用」に変更して別名保存

にしてみましたが、やはりオーバーしている部分があります。(プロファイルはチェックしていません)
人物を例にすると、黒髪とかがひっかかっています。

私のやり方が間違っているのでしょうか。
また、入稿ガイドにもカラー設定で変換してもオーバー部分は出てしまうので、そこをさらに調整せよと画いてあります(で、本格的な調整は技術がいるので~に続く)。

細かく申し訳ありませんが、教えてください。
» 004
匿名その100さま

ありがとうございます。

ちょうど、今いろいろ試していて2008様への返信のような内容でした。

1.フォトショップのカラー設定を新聞用にする
2.RGBのデータを開いてCMYK変換&別名保存する

という感じなのでしょうか??
一応、それも試してみたのですがやっぱりオーバーするところはあるんですよね...
ここからさらに部分部分を調整するんでしょうか。

ご意見お聞かせください
» 005
朝日は申し込めばプロファイルくれるようだ。

*http://adv.asahi.com/material/profile.html

大手新聞社は入稿ガイドや制作ガイドも公開してる
ので、読んでみると良いです。

*http://www.pressnet.or.jp/adarc/edi/manual02.html
» 006
匿名その100さま

ありがとうございます

入稿ガイド、一応目を通してはいたのですが改めて読み直しました。
新聞社さんにもプロファイルをいただくように問い合わせてみます。

プロファイルの変換も再度試してみました。
おおよそ240%以内に収まっているので、あとは微調整ですみそうです。
次回は新聞社のプロファイルを使って入稿しようと思います。

周りもあまり詳しくわかる者がいなかったので
みなさんのご意見伺って良かったです。

匿名その100さま、2008さま
どうもありがとうございました。
» 007

RGBのデータCMYK変換したときにカラー設定のインキの総使用量の%を越える変換はしないと思うのですが・・

それにしても、すこし厳しすぎないかな?

自分が新聞のカラーデータ作ってた時は265%の設定で普通にOKでした。その新聞社もマニュアルでは240%だったんですがね^^

新聞社の場合は直接のデータ作成依頼ではなく、代理店が間に入っていると思いますが、代理店と新聞社の力関係で厳しかったり、甘かったりということが確かにありましたね。
» 008
まこさま

人物の黒髪とか、夜景などの黒っぽい部分で
ところによって数%オーバーしてるみたいでした。

>それにしても、すこし厳しすぎないかな?

一番最初に記載している私のやり方がまずかったせいもあると思います(汗)
私自身、いつも入稿するときにチェックしながら不安だったのですが
今回みなさんのご意見を伺えて、
次こそちゃんとしたデータを作れそうな気がしています。

代理店との力関係とかもあるんですねぇ(苦笑)
いろいろ勉強になりました(笑)
ありがとうございました!
» 009
ひと段落ついたところのようなので
蛇足っぽくなってしまうかもしれませんが…

前の方が言っているように、CMYKCMYKの変換は避けたほうが無難ですので、お持ちでしたら大本のRGBデータをphotoshopにも付属している新聞用のプロファイルで分解すれば、自動的に総容量240%以内におさまるはずです。これが一番楽だし無難かと。

また、240%以内でも、ベタで範囲が広ければ、かなり裏移りなどが起こることが多いので、数パーセントのオーバーでも厳しく言われることがあるかもしれません。

あと各社から配られているプロファイルですが、そのままphotoshopにあてたのでは使えない場合もあるので、使用法などよく聞いてからの方がいいと思いますよ。
» 010
tomoさま

ありがとうございます。

私も今回みなさんに伺ったことを参考に試してみたところ、
印刷用のデータはいったんRGBにしてから
プロファイル変換する方法が良さそうでした。
RGBの元データがある時は元データを使おうと思います。

>また、240%以内でも、ベタで範囲が広ければ、かなり裏移りなどが起こることが多いので、数パーセントのオーバーでも厳しく言われることがあるかもしれません。

なるほど、そういう場合もあるのですね。
画像によっても注意しながらデータを作成するように
心がけます。

参考になりました、丁寧にありがとうございました。