オンデマンド印刷機の色域について

MacのイラストレータCS2を使用してC80M100K40(紫色)の色を使ったデータを制作し、他社のオンデマンド機(メーカー不明)で出力してもらいました。
しかし上がってきたものはマゼンタが低下したブルーブラックのような色になってしまいました。
オンデマンドの印刷機も色々あって一概にはいえませんが、この辺の色は出にくいのでしょうか?
また先方の機械がやっているかはわかりませんが、コニカミノルタのオンデマンドプリンタはメーカーのサイトによると、プリンタコントローラでCMYK-CIE-CMYK変換を行って出力してるようなので、Photoshopを使って上記の色をCMYK-Lab-CMYK(とりあえずJapan Colorを使用)変換すると、オンデマンド出力と同じような色になったのですが、これと何か関係があるのでしょうか?
» 001
コニカミノルタPagemaster Pro 6500のオペレータをしているものです。私なりにわかる範囲でお答えします。

>C80M100K40(紫色)の色・・・この辺の色は出にくいのでしょうか?

すごく難しい色です。Pagemaster RIP6500のカラーコントロールである程度色目を近づけることは出来ますが、この機械にとって苦手な色です。(コート紙ならインキ量によっては火ぶくれのような不具合が発生します。)

>プリンタコントローラでCMYK-CIE-CMYK変換を行って出力してるようなので、Photoshopを使って上記の色をCMYK-Lab-CMYK(とりあえずJapan Colorを使用)変換すると、オンデマンド出力と同じような色になった・・・

おそらく出力を依頼されたところのCIE(ICCプロファイルのことでしょうか?)設定がJapan Colorを当てていたためと推測します。

このカラーはモニター上ではキレイな深い紫をしていますが、実際にはRGBでなければ表現しづらいカラーです。

RGBのままのデータも出力できますが、使用するトナーはCMYKですし、Pagemaster RIP6500の変換はあまりお勧めしません。

オフリン等で印刷される場合も、カラーに合わせると他の写真が濃くなりすぎてしまうなどの不具合がよく起きる為、オペレータさんがとても苦労される色です。ベタの多いデザインをされる場合はご注意ください。
» 002
コニカミノルタC6500のオペレータをしているものです。Fieryコントローラを使用しています。

>C80M100K40(紫色)の色・・・この辺の色は出にくいのでしょうか?

Fieryコントローラで、代替カラー設定にて
C80M100K40を、実際に印刷する用紙でチャート出力し一番近いものを選定し、印刷する事が可能です。(近い色味は出ますよ)DICなども同じです。

また、
コート紙ならインキ量によっては火ぶく>れのような不具合が発生します。)
とありますが、C6500は低温トナーを使用しているので、コート紙が火ぶくれするのではなく。トナー量が多いと定着がうまく行かない場合があります。これは、定着の温度を上げたり、坪量を厚めに設定すれば回避出来ますよ!

RGBのままのデータを、CMYKのトナーですが
SRGBの色域再現可能なトナーの機械も発売されるみたい!Page2009へgo
» 003
BINGO!さん、マスターODIさん、ありがとうございます。
本来ならば特練りインキでオフセット印刷するべき仕事なのでしょうが、少部数ということだけで、上の人がオンデマンド印刷でお願いしたようです。
先方も導入したばかりで、特性がよくわからないまま受けてしまったようです。
色々とご教授いただきありがとうございました。