校正トラブル対処法

某社の会社案内を受注しました。手書き原稿で入れてきたのですが、誤字とか印刷するにはふさわしくない、話し言葉みたいな表現が多く、送り仮名もばらばらでした。

素人さんが作った原稿なので仕方ないのは、理解できました。

進行上そのままでは困りますし、文章量もわずかでしたので、明らかな誤字と表記だけはおおよそ訂正し、その旨と、こちらの考えで原稿と変えた箇所とを列挙した確認メールを、初校と一緒に出しました。

尚且つ、業界用語や固有名詞など、こちらで判断できない箇所に関しては、くれぐれも確認依頼を電話とメールと両方で念押ししました。

 しかし、それに対しては当初何の反応もなく、いよいよ下版という時になって、誤字が多いのは値段を安く抑えているせいなのか、などと言い出したのです。態度が豹変したと言ってよいと思います。

 しかも、誤字といっても、もともとの手書き原稿がそうなっており、しかもこちらでは判断できない専門の語句が大半でした。

印刷工程を知らないこういう方々ですが、極力傷つけないように真意を理解していただくには、どうしたらよいと思いますか?

お知恵をお借りしたいと思います。
» 001
普通、受注前は先方に出向いて打ち合わせするでしょう。 それもなくていきなり丸投げされたのですか?

>業界用語や固有名詞など、こちらで判断できない箇所に関しては、くれぐれも確認依頼を電話とメールと両方で念押ししました。

業界用語などが多い会社案内などの校正については事前に念書を交わすべきです。

それと印刷工程を知らない得意先については、納品までの日程表を示して説明してあげましょう。

     
» 002
シェモアさん 有難うございます。

打合せは行いました。
そのときの印象は、印刷は知らない人のようだが好意的という感じでしたが。

念書のようなものが、やはり必要ですね。
今回の、あの豹変ぶりを見て、そう感じました。

校正も含めた、工程の手引きみたいな、読みやすいガイドみたいなものを作成して渡してあげるのが、良いかも知れませんね。
» 003
原稿不備のために発生する作業の料金も
詳しく説明した方がいいと思いますよ。
» 004
印刷工程を知らないっていうより、ごねて、より
安くしたいんだけなんじゃないでしょうか。
そういう人は値段の上がる話をすると怒り出すよ。
他所は…とか、そんな話は聞いたことが…とか。
» 005
・担当者お気楽モード。事前チェック、なしでいいっしょ~、ちゃんと原稿渡したし。原稿のとおりやってくれればOKよ~
・担当者の上司がチェック。不備多々見つかる。担当者怒られる。
・担当者、社内的保身モード。業者を悪者にしちゃえ

...って感じなんじゃないの?
業種、ちょっと違うんですが、似たような事例が現在進行形なので(涙目)
» 006
>しかも、誤字といっても、もともとの手書き原稿がそうなっており
>ごねて、より安くしたいんだけなんじゃないでしょうか。

タチの悪いクラもいるので、原稿や校正紙、メールは取っておいて、クレーム時に提出します。これで何度か救われました。
» 007
つねさん ご指摘有難うございます。

でも原稿不備のために発生する作業を計上するなど、われわれ弱小業者では夢のまた夢、これが現実でございます。

でも確かに、請求は出来なくても、控えは作っておいたほうが良いですね。
そうしないと、実際に原稿不備にためにかかる負担がどれだけのものなのか、把握さえできなくなってしまいますから。

有難うございます。
» 008
勘ぐり過ぎかもさん、chromeさん、まくさん

レスありがとうございます。

あのお客は他所なんておそらく知らないでしょう。
何にも知らなそうなのは、事実です。

ただ、お金をはらう側がなぜ校正を確認したり完全原稿作成などの作業をやらなければならないのか、というところが、納得できない様子なのです。
レストランで頼めば料理が出てくるような感じで考えているのだと思います。

困りますけど、こういう考え方の人は、世間では少なくないでしょうから、印刷工程に何故校正が不可欠なのかということを、説明していく必要があると思います。

今後の対応策としては、初めてのお客様には、工程のガイドラインを確認していただくという方向をとるつもりでおります。
» 009
○原稿により、データ作成料金に差をつけておく
 手書き原稿で読みづらい場合/読みやすい場合
 データ入稿(ワードのテキスト・フォントOSバージョン明記)
 自費出版などではあたり前に差があります。
 
○まずは、「原稿のママ」、分からない所は井桁マークなどで標記しておく。

○原稿の読み替えや専門用語をKYさん側で訂正・補完する場合
 
校正ではなく「校閲」になるので、別途校閲料金を請求する。
校閲を無料サービスだと思われてしまうし、直して当然と思われるから、料金を設定した方がいいと思う。
» 010
●さん ありがとうございます。

確かに、校正ではなく「校閲」ですね。

言われるように、本来料金が発生するという事も、一言書いたほうが良いですね。

もともとは「原稿のママ」が本来だというところから、まず理解してもらう必要がありそうですね。