イラレCS2作成→8.0入稿をスムーズにするには

家ではOS X、イラストレーターCS2でDTPの仕事をしています。

イラレCS2はフォトショップを使わなくても、透明効果やドロップシャドウなどができるので
つい多用してしまいますが、
入稿は、まだ普通にイラレ8.0にしなくてはなりません。
もちろんそんな特殊効果は8.0では対応していないので、すべて画像化しなくてはならないのですが、
そういう時、どうすれば入稿前でもあせらずスムーズにデータ作成できるでしょうか?

直前までCS2を使っていろいろ作業して、
いざ入稿!となると
やっぱり、全部一括統合画像にしてしまうのがいいのか。
それとも、時間をみてフォトショップに落とす作業をしていた方がいいのか…

作業はCS、入稿は8.0でという方々にぜひ
スムーズな入稿への手順というかアドバイスをお聞かせください。
» 001
同じ様な境遇ではないですが、
入稿用データはあくまで入稿用として使い捨てのものと割り切って、入稿時に別名で8に保存すれば良いのでは?手動より間違いないと思います。
でも100%間違いないとは言い切れません。

本来、機能的にサポートしない下位バージョンへの保存は仕事である以上、予期せぬ結果にならぬようミス回避のためにも推奨されません。

厳しい言い方ですが、未だに8のみのサポートというのも考えものですし、ps出力であるならば、illustrator入稿から別の入稿方法、例えばプリントジョブ的なものとか、確実でミス回避のための方法の模索は難しいのでしょうか?
» 002
私も似た経験があります。
いわゆるイラレ10以降の透明効果・レイヤー効果・ドロップシャドウなどですが、
下位バージョン保存ですると、
ドロップシャドウ効果などをかけた部分が自動的に断片的にbitmap化されてしまいます。
この断片化がくせもので、
見た目にはちゃんと書き出しされているように見えるのですが、
拡大すると微妙にランダムに隙間ができていて、
色校時に細い白い線(隙間のせい)が入っていたことがあり、
大変慌ててしまった経験があります。

透明効果に関しては完全に不対応です。
入稿後全て作り直しという苦い経験があります。

私が行った対処として、
効果をかけた部分のみを一枚の画像(EPS等の。
解像度は適性化されていないといけません。
CPUの不可を軽減する為にJPGの低圧縮保存>Photoshopで開き、
EPS保存しなおしという手もあります)としてイラストレータから"書き出し”(文字等の部分はレイヤーを不可視にしておく)、
書き出した画像ファイルを再配置、
不可視にしておいた文字を可視状態にして、
効果をかけた部分を全て削除、
別名で下位バージョン保存でなんとかなった経験があります。