イラレCS2のスレッドテキストオプション

CS2のスレッドテキストオプションですが、設定すると異常に重くなって作業効率が悪くなります。
普段は表作り等でしか使わないのですが、持込データで本文の修正やらレイアウトの微調整やらがあってイラレで修正しないといけない状況になって重くなることに気付きました。
最初はページ数が多い(一つのデータに6~8ページ分配置されている)から文字数の関係?で遅くなると思ったのですが、単ページにしてもやはり遅い・・・テキスト回り込み等も併用しているとさらに遅い。
マシンのパワー不足という気もしますが、何か解決法とか、自分はこうしてますとかの情報があると嬉しいです。宜しくお願いします。

スペック win ペンティアム4_3G 1G_RAM
» 001
どういった内容のオブジェクトか分りませんので何とも言えませんが、色んな要素が関係していると思いますが、概ね連結数が怪しい。
例えば連結数が非常に多い。(何十個も珠繋ぎになっている)
策として、短い連結を複数にしてみる。等々

仮に大した変化がなければ連結を使っている以上、負荷は避けられないのかもしれません。

因に、私の場合、macですが表等をはじめ基本的にはillustratorではなくInDesignを使います。illustratorペラ物以外は部品づくり用です。
» 002
内容はA4に20行ぐらいのボックスが3~4段です。これを1ページ分だけのデータにしてもボックス内を修正をしようとしたら待機状態、macでいうと時計がグルグルしてる状態になります。
イラレでやる作業ではないよなぁ~とは思いますが、先方との都合で嫌々作業してます。
とりあえず今の対処法としては連結を切って作業してます。文字列が動いたらコピペしてます。危険は伴いますが、作業が進まないのはもっとマズイ。

illustratorペラ物以外は部品づくり用です。

大賛成です。
» 003
「Adobe段落コンポーザ」で作業しているなら
「Adobe単数行コンポーザ」にしてはどうですか?