CS3の透明効果+特色の不具合

他社が作成したillustratorCS3の、
DIC+Kで作成されているデータのDICをM版におきかえるという作業をしました。
画面上ではなんら問題なかったのですが
出力してみると、色を置き換えた後のぼかしの境目がきれいにぼかされていません。
(境目がくっきりできてしまっているというか…)

色の置き換えは、
スウォッチ上のDIC色の設定をM100に変更する

そのスウォッチを破棄する
という手順で行っています。

DICのまま印刷するときれいにぼかされており、
また、スウォッチ上でDICの設定をM100にするだけでも問題ありません。
スウォッチを破棄すると、出力が異なってしまいます。

透明効果を使用している場合、
データ保存時に「透明効果と特色を使用していると正しく出力されない場合が~」みたいな警告文が出ますが、
この現象のことを指しているのでしょうか?
また、こういった事態をさけるための対策はありますか?
後の修正が面倒でも、photoshopにもちこんで一枚画像にしてしまうのが一番の安全策だとは思うのですが…。

よろしくお願いします。
» 001
スウォッチを破棄するのはなぜですか?
原因が明らかなら、
特色をプロセス変換(グローバルにチェック)すればいいとおもいますが。
» 002
*http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20051104/180653.html

この不具合は関係あるのでしょうか?
私は今のところ、体験してはいませんが…
» 003
返信おそくなりました、すみません。

>スウォッチを破棄するのはなぜですか?

スウォッチを破棄することによって強制的にプロセス変換させることが目的です。
特色の設定を変更しても同じ現象がおきてしまします。

>特色0%の色があるとき、特色をプロセス変換すると0%が100%色になる現象

この現象もおきます!!
この場合は、一度データを保存して閉じ、
もう一度開き直すとちゃんと分解された色(白)になるので
そのように対処していました。
(一度閉じないと出力もおかしいです)
バグだったんですね。

結局この案件は、プロセス変換せず、
特色をM100設定にして入稿することで
一応ことなきを得ました。
プロセス変換って必要じゃないのかな…?

プリンタで出力する際は、
プリンタで版ごとにDICを指定して出力することができるのですが、
PDF出力でもこういったことはできないのでしょうか?