イラレの8でEPS形式で保存の場合

よろしく、お願いします。私、現在印刷会社で、CTP出力の担当をしています。当社ではイラレの8が主流で、アウトラインをとってEPS形式で保存してQXに貼り付けて出力するのが一番トラブルがないと思ってやってきました。そこで質問なのですが、イラレの8でEPS形式で保存するとき、オプションのところでフォントデータを含むでアウトラインを取らないで保存した場合、アウトラインを取った時と同じ結果が得られるのでしょうか?であればアウトラインを取らない方が楽なのですが…
それとも、なにかトラブル(体裁が崩れるとか化けるとか)があるのでしょうか?
当方の環境で試したところ、問題はなさそうなのですが、皆様のご意見・経験ををお聞かせくだされば幸いです。
» 細かい文字などアウトラインにしない方が望ましいのだと思います。
しかし、データ納品の場合、出力環境がわからない時や、MOなど戻ってこない場合が多いので保険という感じでしょうか?

出力センターへ頼むときはQXへ貼り込んで出力するらしいので貼り込みデータは埋め込み(リンクができないらしい)が、
フォントを含めないで保存した場合どうかということを知りたいです。
» アウトラインにすればフォントを持っていない出力機でもその体裁を保って出力できるメリットがあります。出力機が必要なフォントを持っていればアウトラインにする必要はありません。ただ、同じフォントでもMacで使用したフォントと出力機のフォントのヴァージョンの違いにより体裁が崩れる場合があります。
それと、アウトラインにすると高解像度の出力機では問題ないですが低解像度のプリンターなどでは文字が若干太ります。その辺を含めて使い分ければいいかと思いますが…
» イラレ全般ですが、フォントデータを含むで保存されたEPSですが、
基本的にアウトラインを取った状態と同じように為りますが、一点、
違いがあります、アウトラインを含んでいてもRIPに同一書体が搭載
されていた場合には、RIPのフォントデータが適用され、RIP未搭載の
書体のみが、アウトラインデータ(図形)としてRIPに送られます。

ただし、このフォントが含まれたEPSデータは各RIPの設定状況により
RIP未搭載のフォントがチェックに引っかかり出力エラーを吐いて
ラスタライズを中止する場合も有りますので、出力先の確認が必要です。

フォントチェックをスルーRIP等では殆ど問題になる事は無いですよ
ウチは毎回フォント含でEPS保存してますし。
» 訂正:
誤>フォントチェックをスルーRIP等では
訂>フォントチェックをスルーするRIP等では

追加:
イラレ等のフォントデータを含むで保存されたEPS
PSフォントネームと図形化された両方のデータを含みます。

インデザ等で行われるダイナミックダウンロードやPDF
フォントエンベットとは、基本的動作が異なります。

ダイナミックダウンロードと、PDFエンベットフォントには
ヒント情報が含まれている為、低解像度で出力した場合でも
文字が太ることが起きにくくなっています。
» 皆さん、貴重なご意見有難う御座います。
フォントを含むのEPS出力はKIRINさんのご指摘を注意しながら、自社なり検証しつつやってみたいと思います。本当に有難う御座いました。