Illustrator9.0.2でモノクロ2階調

先日は御返答有り難うございました。

実は本日もこの様な問題が発生しまして、

皆様のお知恵をお借りしたいと思い投稿しました。

Illustrator9.0.2にモノクロ2階調ベースの画像ファイルを
プロセスで色を付けeps保存したものなのですが
解像度は1000dpi)、
どうしてもその画像だけジャギーが出てしまうのです。

透明のスライダーは一番右に移動、
プリンタデータ書き出しの
“パスの出力解像度”も3000dpiに設定。

“ラスタライズ解像度”も400~1000dpiにて設定。

グラデーションメッシュ”は400dpi。

ラスター効果設定は300dpiでした。

当初、
ラスタライズ解像度を400でやってみたところ、

(他に貼られている画像の解像度に合わせました)
上記の様に、
モノクロ2階調ベースの画像だけジャギーが発生し、

逆に1000まで上げてみたところ、
他の画像に一部エラーが生じてしまいます。

同じ会社の他のマシンだと400dpiでも普通に出せましたので
もしかして私のマシンだけ調子が悪いのか?とも思えるのですが

同じようなトラブルを経験された方 いらっしゃいませんか?
» > 同じようなトラブルを経験された方 いらっしゃいませんか?

はい。ここにいます!

今回のケースでは外しているかもしれませんが、こんなケースが考
えられます。

1.書類の一部分に透明効果が使われている
かつ、
2.該当箇所はオーバープリントが設定されている。

Illustrator 9 から搭載の透明効果ですが、これが書類の中のほん
の一部分にでも使われていると(版面に関係ない張るか彼方にあっ
たとしても)、Illustrator は人が変わったように挙動を変えます。

具体的にいうと、オーバープリントなど本来透明効果を使わなくて
も実現できるものでも積極的に透明効果で処理しようとします。結
果、オーバープリントの設定がかかっているものは軒並みラスタラ
イズ化の洗礼を受けます。

Illustrator 10では、書類設定-透明-分割設定の中に、「可能な場
オーバープリントを保持」というチェックがあり、これをつける
ことによって、書類の中に透明効果があったとしても、オーバープ
リントは、オーバープリントとして処理されます(チェックを外す
と書いてあるところが多いですが、意味が分かっていればどちらも
重要です)。

もしくは、該当2階調画像部を選択し、属性パレットのオーバープ
リントのチェックを外します。
» 御返答ありがとうございます。

>Illustrator 9 から搭載の透明効果ですが、これが書類の中の
>ほんの一部分にでも使われていると(版面に関係ない張るか彼
>方にあったとしても)、Illustrator は人が変わったように挙
>動を変えます。

なるほど…
確かにそうですよね。
この辺りは私も経験あります。

しかし今回の場合ですと、オーバープリントの設定は無い箇所で問題が生じました。
同じ部署の他のマシン(ちなみにどちらも同じG4でIllustrator9.0.2)でやってみましたところ、
そちらは全然綺麗に出力も出来たのです。

…単にマシンの個体差で片付けられるものなのでしょうか?
» Illustrator 10 で分割プレビューパレットを使うと、原因を追及す
るのが簡単でお勧めなんですけれども、その手を封印されると面倒
ですね。

Illustrator 9 はこちらでは事故実績ソフトウェアなので使わない
んです。

> …単にマシンの個体差で片付けられるものなのでしょうか?

ソフトウェアの挙動ですから、マシンの個体差というよりは、ソフ
トウェアの設定の差異があるからそのとおり反映されていると考え
るべきでしょう。
» なるほど…10で分割プレビューパレットですね。
試してみます。

ソフトウエア設定の差異はあるかもしれませんです。

御返答有り難うございます。