illustratorCS2で文字選択

illustratorCS2(12.0.1)をMacOS10.3.9の環境で使用しています。

ドキュメントに入力済みのテキストを選択する際、
illustrator8.0.1などは文字ツールで
変更したい場所をドラッグして選択していましたが、
illustratorCS2(12.0.1)は、同じようにドラッグ選択出来ず
“文字の下部分のライン”に文字ツールをきっちり合わせてからでないと
文字の選択が出来ません。
選択するゾーンが狭く勝手が悪いのですが
仕様なのでしょうか。
» 001
ヘルプとかマニュアルぐらい読めば?
というか8でも12でも設定する所は一緒だろうに。
» 002
環境設定>テキスト>テキストオブジェクトの選択範囲をパスに制限
のチェックをはずして解決した。
お騒がせしました。
» 003
解決していなかった。
上記設定をすると、
選択ツールでテキストエリア内で選択が出来るようになります。
文字が入り交じっているときは困るためこの設定はしたくないのです。

選択ツール使用時はテキストエリア内全てで選択出来ず、
(テキスト下部分のライン上を選択したときのみ選択可能にしたい)
かつ、文字ツール使用時はテキストのどの部分でもドラッグ選択出来る方法(設定)は
ないものでしょうか。
» 004
 Intel iMacでCS2を使用していますが、文字ツールで普通に選択出来ています。
 ただし、文字ツールを切り換えた(文字ツール→エリア内文字ツールなど)直後は選択できずに新規にテキストボックスを作ってしまいます。
 とりあえず内の環境では大丈夫でした。
» 005
私も質問者と同じように感じていました。
そういうものだと思って、諦めて使っていますが、だんだん慣れて来た。
でも、旧ヴァージョンの方が良かったですね、その点に関しては。
作業効率は、明らかに落ちました。
» 006
>>003 名前:ひろ
>>選択ツール使用時はテキストエリア内全てで選択出来ず、
>>(テキスト下部分のライン上を選択したときのみ選択可能にしたい)
>>かつ、文字ツール使用時はテキストのどの部分でもドラッグ選択出来る方法(設定)はないものでしょうか。
普通に出来ます。

>>005 名前:匿蜜さん
>>旧ヴァージョンの方が良かったですね
何か旧バージョンと変わっていますか?
» 007
説明しずらいんだけど、CS2は明らかに選択しにくいですよ。
CS1は使ってないから9や10との比較ですが。
エリア選択は私もキライですから、昔から解除しています。