indesign 記号をテキストに変換

ある参考書でインデザインを勉強しています。
1字目が「(かぎ括弧)で始まる小見出しがあるのですが、これに段落スタイルで箇条書きの記号●が設定されていますが、1字目が「(かぎ括弧)で始まる小見出しの場合この記号の位置が左にずれてしまうということで、これの修正方法として、記号と「の間にまず、スペースを挿入して、段落を選択し
段落パレットメニューから「記号をテキストに変換」を実行するのですが、これを実行するとテキスト本体の位置がだいぶずれてしまいます。
これは箇条書きで自動的に挿入されていたタブによるものだそうですが、このずれたタブの部分を選択して削除すると記号の位置が左にずれてしまうのを修正できるということらしいのですが、これらの意味がよくわかりません。スペースをこの「記号をテキストに変換」すると、箇条書きで自動的に挿入されていたタブが挿入されるのはどういうことでしょうか?
» 001
先ずこれは横組の話ですか?

>1字目が「(かぎ括弧)で始まる小見出しの場合この記号の位置が左にずれてしまう

文字組みの詳細設定で「始めの括弧」段落先頭 最適値2分アキ
ではダメでしょうか?

>段落パレットメニューから「記号をテキストに変換」を実行するのですが、これを実行するとテキスト本体の位置がだいぶずれてしまいます。

段落スタイルの箇条書きの設定での記号と文字の間はタブの設定で操作します。また文字組みの「段落先頭」に影響されています。先ずここの設定を色々お好みに調整して下さい。
テキストに変換して記号とパーレンの間にタブが入るとタブとパーレンの間ばベタ詰めとなって調整が文字組みでは出来ません。その辺りが箇条書きの場合とテキスト変換したときと結果が異なった要因かもしれません。
» 002
うっかりしていましたがInDesignのバージョンは何ですか?
私の書いたのは、CS2での話です。
多分CS2以下でしたら同じと思いますが、CS3はまだ未確認です。

InDesignはバージョンが上がる際に新機能とは別に微妙に修正されている場合もあります。