InDesign CS での特色

いつも拝見させて頂き、参考にしておりますが、今回初めて投稿します。
特色での2色刷り、今までは「シアン」「マゼンタ」などで作成して、DIC色玉をつけて
印刷するか、お客様の要求に応じては、イメージ道理に作成して、校了段階で、2色に分版
する方法を(他にもあると思いますが)とっていました。が、
現在CS(OS10)に移行しつつある段階です、
今回、(DIC156)(DIC184)を使用しての作業ですが、
InDesign CS ではこの色を指定し、作業を進める事が出来ます。しかし、写真を2色分解しようとする時に、
DIC156)(DIC184)ではなく、(DIC156s)(DIC184s)となります。
スキャナーの担当者は、色の形式が違うとの事ですが、
分解した写真(DIC156s)(DIC184s)をInDesignで読み込み
この色で作業を進めるか、双方に互換性(同じ色と認識)があるのか?
また、本によりますと、DCS保存とありますが、photoshop形式、Tif形式でも問題ないのか?
また、PDF/X1aからのCTP出力・印刷となりますが、
カラーマネジメントを進めて行く上で、今回、それぞれの担当者が、初めての仕事で、
初歩的な事かもしれませんが、不安要素が沢山あります。
社内でテストを繰り返す必要があるとは思いますが、
アドバイス頂ければ嬉しく思います。
» まあ実際に出してみればすぐわかることですが、
特に問題ありません。
2Cという時点で、カラーにうるさい仕事でもないでしょうから^^、とっかかりとしてはいいのではないでしょうか?