InDesignCS2で特色2色で出力がうまくいきません

MacOS 10.4.11、InDesignCS2を使用しています。

入稿データが特色2色(DIC○○番とスミ)のデータをPDFX1Aの透明を生かした設定で書きだし、
面付けして出力すると特色の上にドロップシャドウがかかっている部分が変な風に分割されてしまい、うまく出力できません。
画面上ではきちんとなっています。
普通のPDFX1Aで分割してからRIPにかけるとスミ文字が4色掛け合わせになってしまいます。

できれば、透明機能を生かしたままでRIPを掛けたいのですが、
PDF1.6に対応しているRIPではきちんと分割されて出力出来るのでしょうか?

よろしくお願いします。
» 001
>PDFX1Aの透明を生かした設定

???
» 002
え~基本PDF X1-aでの透明効果の保持は無理だと思うのですが。ブリフライトではじかれないかな?
以前似た様なことあったので、参考程度に。
PDFインデザに貼るとドロップシャドウ部分の透明が抜けなかったことがあります。出力機はドキュカラーですけど。
» 003
CS2で特色に透明ですか。。。
CS3を使った方がいいような感じですねえ。。。
» 004
インキ管理で特色をインキエイリアスでシアン等に置換えて出力。通常ならそれでドキュメントの特色を変換せずに出来ます。
» 005
追記
PDF X1-aでの透明不可というのは、単純に印刷(出力)側でエラーが起きないようにという発想で設定しているものです。そこには「きちんと」という概念は入りません。『分割』されていればX1-aに準じてるということになります。きれいに分割するのはその前段階でおかしくならないように処理しなければなりません。どうしても特色で透明効果を保持したい場合は、X-4(PDFver1.4)で書き出したPDFをAPPE搭載のRIPで処理するしかありません。PDF1.6がきちんと分割するのではありません。
» 006
お返事遅くなって申し訳ありません。
皆様アドバイスありがとうございます。

カムイさんのおっしゃっている
>-4(PDFver1.4)で書き出したPDFをAPPE搭載のRIPで処理するしかありません。
というご意見で納得いたしました。

皆様貴重なご意見ありがとうございました。
» 007
出力時にオーバープリントが無視されていると予想
» 008
レス遅く見てないかもしれませんが、以下のサイトにある
「Trueflow出力の手引き」PDF中にある特色指示の項目に詳しいです。
*http://www.screen.co.jp/ga_dtp/product/trueflow/trueflow_se/
(大日本スクリーン:TrueflowSE)

おそらくスレ主さんの事例もこのことではないでしょうか。