MAC OS 10.4.9でクラシック上のファイルが捨てられません。

G5 Dual2.0をMAC OS 10.4.9で使用しています。
メモリは3GBぐらいです。

以前使用していたemacからimacG5~現在のG5と中身をそっくり移行したため、
メインはCS2ですが、いまだにイラレ8も使用できる環境です、
先日イラレ8のファイルを開く際「詰め情報」のアラートが出たため、
イラレ8用の「詰め」プラグインを再ダウンロードしてきて置き換えたところ無事に開くことができました。
が、その際、もともとプラグイン内にあった「古い詰めファイル」をゴミ箱に入れて空にしようとすると、
「詰めファイル」が使用中のため捨てられませんとアラートが出てしまいます。
クラシックを停止しても、マシン自体を再起動しても、ゴミ箱を空にすることができません。
その上、あきらめてゴミ箱から出そうとすると、マシン自体が固まってしまったり、
現在なんとかゴミ箱からは出すことは出来ましたが、未だに捨てる事が出来ず、
「捨てられないファイル」というフォルダがデスクトップ上に鎮座している状態です。

試しに、DropStuffで「圧縮後にオリジナルを削除」にチェックをいれて圧縮してみましたが、削除出来ませんでした。
» 001
rootでログイン
» 002
まるごとコピーで問題ないと思ってるユーザーがrootでログインできるとは思えんが、、、
まずはディスクユーティリティでパーミッションをチェック。
» 003
アドバイスありがとうございました。
お恥ずかしい話ですが、finderメニューの「確実に~~」で消去できました。
rootでログインはちょっと調べないと無理と思い。
ディクスユーティリティーでアクセス権の検証と修復を行いました。
その後、ゴミ箱に入れて右クリックでゴミ箱を空にするをしたら、
やはり、使用中~消去できませんと出たのですが、
そういえば、finderメニューに「確実にゴミ箱を空にする」ってのが
あったなぁ、と思い実行してみたら、あっさり消せてしまいました。
ごめんなさい! ありがとうございました。