NewCIDフォントの詰め幅情報について

いつも参考にさせて頂いています。OS10.4.10でIllustrator CS~CS3を使っています。モリパスのNewCIDフォントを使用しているのですが、CS3で作成し、下位保存したデータをCSやCS2で開く時に このフォントには、詰め幅情報が含まれています。          (現在、CID形式を使用します。)といったアラートが出ます。CSで作成したデータをCS3で開き(この時にもアラートが出ます)上書き&下位保存、またCSで開き直してもやはり同じアラートが出ます。今のところ特に化けや、詰め幅が変わってしまったという事もないのですが、気になっています。OS10.3.9のCSで開いても同じでした。ご存知の方、どうかご教授下さい。
» 001
すみません。
うまく改行されずに読みづらくなってしまいました。

よろしくお願いします。
» 002
このアラートはIllustrator 10まではよく見かけましたね。
OCFCIDが併用されていた時代には当たり前のものでしたが,
CS以降はテキストエンジンが変わったので,あえて注意を喚起して
いるのではないでしょうか。
私はCS以降ではOTFしか使ってないので分かりませんが,Illustrator
詰め機能よりCIDの詰め情報を優先してますよ,とか,そういう意味では
ないかな,と。
おそらくOTFにすればアラートは出なくなると思います。
» 003
お返事ありがとうございます。
確かにOTFにするとアラートは出ません。
NewCIDを使用して、CS3が絡む場合だけなるので対応していないのではないかと悩んでいました。
今のところは静観してみようと思います。
ありがとうございました。