OS X 上の9.22が起動しなくなりました。

いつもメルマガで皆様のお話を勉強かたがたありがたく拝聴しております。
Mac G51.8GHZ OS10.3.9 でクラシック環境9.22でDTPの作業をしています。使用しているアプリはIllustrator8.01J、photoshop6.01等です。ATMは4.6.1でコンパネのところは4.6.2になっています。書体はNEWCID使用です。
最近モリサワの新ゴで名前英字に化ける書類を先様からいただいたので、書体を置き変えして作業をしておりました。そして今日に成って、その書類を開いたところ、フリーズしてしまい、その後、どうしてもクラシックが起動しません。機能拡張を外すと起動できます。
いろいろ試したところ、機能拡張のATMを外すと起動するので、どうもATMがひっかかっているような気もするのですが、ATMをインストールしなおしましてもなおりません。
ATMにかかわる書類を一掃してみましたが駄目でした。
あれこれやっているうちにクラシック自体が挙動不審な状態になってしまいました。
今、クラシックを再インストールする方向で作業をしています。しかし、問題の書類の作業が残っているので、原因が究明したいと思っております。何か心当たりの有る方がいらっしゃいましたら、教えていただけますか?よろしくお願いいたします。長い説明でご面倒おかけします。
» >最近モリサワの新ゴで名前英字に化ける書類を先様からいただいたので、書体を置き変えして作業をしておりました。

ここの意味がよくわからないのですが。
» システム機能拡張>Classic>詳細設定の
ホームからMacOS9環境設定を使用する
にチェックが入っていると
ホームディテクトリ/Library/Classic
にも設定ファイルがある。

» 早速お返事いただきありがとうございます。
猿飛様
あわてて書いてましたので分かりにくくてすいません。
いただくイラストレーターの書類の中に、同じ書体のはずなのにシステムにない書体としてアラートのでるものがあるのです。例えば自分のMacの書体が「新ゴL」なのに「shingo Light」という名前の書体がないので置き変えしますよとアラートがでるのです。画面で見る文字自体はまったく同じに見えます。プリントもそのまま「新ゴL」の文字が印字されます。その場合、同じ新ゴでもLだけで、M・B・Rの名前は問題なく表示されます。
ただ、たまにポストスクリプトエラーも出ますので「フォントンの置き換え」によって修正しています。
k様
横着をしてATMデラックス(4.6.1)と混合して使っていたので、問題が起きたのでしょうか。現在クラシックを再インストールしてATMrightだけで起動中することにしました。
» KANI様
確認してみました。
チェックは入っていませんでした。

いろんなところに設定があって、
なかなか使いこなせてないまま使ってますね。
もう少し勉強します。

ありがとうございました。
» >いただくイラストレーターの書類の中に、同じ書体のはずなのにシステムにない書体としてアラートのでるものがあるのです。例えば自分のMacの書体が「新ゴL」なのに「shingo Light」という名前の書体がないので置き変えしますよとアラートがでるのです。

Illustratorで「フォントの置換・検索」を実行してフォントを確認してみて下さい。「shingo Light」のフォントの種類がTrueTypeになっていませんか?もしそうなら作成側の「新ゴL」は違法フォントの可能性が大きいです。

私もそれで泣かされましたので...
» たこらー様
確かにTrueTypeでした。
よく引っかかります。
そして、問題の書類の他にもフォントの置き換えの
できない書類があってそれは捨ててしまったのですが、
どうもそのあたりから調子が悪かったようです。
» 作成側に御宅のフォントどうなってるの?大丈夫ですか?とクレームしましょう。
» たこらー様
そうですね。間にいっぱい入っているようですが
話だけでも聞いてもらうようにします。

いろいろお答えくださった方々へ
短い時間に情報を寄せていただいてありがとうございました。
とりあえず、すべてを再インストールした後は
無事に動くようになりました。
例の書類は置き換え後、新規の書類に張り込み直して
保存しなおしましたら、
今のところ大丈夫になりました。
元データはもう、触らないようにします。
フォントの件は先様にその都度お伝えするようにしたいと思います。