インクジェットプリンター+PostScript

今までEpsonのPM3300CとCPSソフトリッパーで頑張ってきましたが、そろそ買い換えようといろいろしらべています。

現在、
EPSON PM-4000PS + ソフトリッパーPlus2/PXCPSRP10S
CANON PIXUS 9100 + PostScriptオプション
HP Designjet 30
と候補を出してみました。

EPSONの組み合せについては仕上がりの創造がつくのですが、他の製品についてはいまいちよくわかりません。
どなたか実際に使っておられる感想など聞ければ大変助かります。
» こんばんは

私的な考えですが…、Adobe純正CPSIが無難と思います。

EPSONはすいません。Adobe純正CPSIですが、詳細分からないです。
CANON の PostScriptオプションは互換RIPだったかと思います。モリサワフォントが市販パッケージのNew CIDでなく、MPSモリサワフォントになったかと思います。CANONのWebSiteを調べましたが詳細が載っていませんでした。
HP DesignJetは低価格版(詳細不明)とEFI Designer Edition(DJ30専用版)があります。

市販プリンタフォント(和文)をダウンロードする場合、Adobe純正で和文フォントダウンロードに対応している製品がいいと思います。万が一、RIPを変更したときに移植手数料はかかりますが、載せ替えが可能です。
専用版フォント(MPSフォント等)の場合は、フォントを新規に買わなければならなくなってしまいます。

先の「EFI Designer Edition」とは別ですが、EFI Designer Edition という製品があります。

EFI社 *http://www.efi.co.jp/
のプルーフィングソリューションから見られます。

1つの製品でいくつかのプリンタの中から選択できる製品です。(プリンタのサイズによって製品構成が異なります)
価格は少し高めなようですが、機能が豊富なようです。(TIFF書き出しがあったり)
ハイブリットパッケージなのでWindowsでもMacintoshでもRIPとして動作するようです。
プリンタの買い換えでも対応機種であれば移行可能なようですし、バージョンアップ(有償ですが)が行われています。大概、プリンタメーカーのRIPはバージョンアップは行われないことが多いのですが、この製品はバージョンアップを行っていますので将来の環境変化のときでも使い続けられる可能性が高いと思います。

私の予測部分がありますのでメーカーに確認してください。
最終判断は[yama]さんが、各メーカーによく聞いて(できれば見て・さわって)ご自身の環境や運用に適しているかどうかを確認して、購入された方がいいと思います。

では。
» あ、すいません。仕上がりについてでしたね。

同じEPSONでもインク(染料・顔料)が変更になって、再現方式が異なることがあります。
一概には同じと言い切れませんので、やはりご確認頂いた方がいいと思います。
EPSONの場合、ショールームもありますからプリンタとEPSON製RIPの組み合わせがテスト出来るかもしれません。
詳しくはEPSON聞いてみてください。

ではでは。
» 訂正です。


>詳しくはEPSON聞いてみてください。


>詳しくはEPSONに聞いてみてください。

失礼しました。
» さっそくの回答ありがとうございます。
EFI、調べてみました。大変よさそうなのですがやはり値段が高めなのとOSXからの対応なのでかなり厳しいです。
» 方ですので、ショールムなく立派な施設もなく、コネもないのでやはりアップグレードする気持ちでEPSONにしようと思います。
しかしまだ金銭面でクリアにならないのでしばらくかかりますので、実際上記のような環境で仕事されている方の感想を聞かせて下さい。