Quark3.3での面付け

現在74ページぐらいの冊子の仕事を行っておりまして、ノンブルをセクションをつかってつけておします。もしこれが校了になれば、面付けしなくてはなりません。今のノンブルを維持したままページの入れ替えを行うにはやはりepsに書き出してもう一度Qrarkに張り付けなくて面付けせねばならないのでしょうか?ページをいれかえちゃうとページがめちゃくちゃになっちゃいませんか?なにかいい方法があれば教えてください。
» 申し遅れましたが、ちなみにOS9.22 Quarkのバージョンは3.3です。
» サムネール表示で正しくページを入れ替えれば、セクションの設定は生きていたような記憶があります。昔のことなのでよく覚えていません。
» >サムネール表示で正しくページを入れ替えれば、セクションの設定は生きていたような記憶があります。昔のことなのでよく覚えていません。

 どういう意味で書かれたのかよく分かりませんが(^^)

 自動で発生するノンブルは、ページの位置で勝手に変わるので、この場合は無理でしょ。

 普通は、面付けソフトを使用します。ない場合は、EPSに書いて、台紙に貼り付けます。
3.3だと、ソフト単体では裁ち分を書き出せないはずです。
» ごめんなさい、
>今のノンブルを維持したままページの入れ替えを行う

を見逃しておりました。単純にページの入れ替えのことだと思っておりました。お間抜けでした。
» 100ページ以内のものなら基準値(ボックスでXY00の位置で合わせています)決めて各ページグループ化してそれぞれめんつけ用に移動。もしくはツケメン大王(*http://hp.vector.co.jp/authors/VA032397/tsukemen.html)を使っています。EPS書き出しだけでも楽。断ち落とし分に関しては面付け後にコピペ。というやりかたをやってます。
» やはりセクションは生きてしまうか…。弊社は貧乏なので面付けソフト購入できないので、あきらめてepsに書き出してコツコツ面付けしていきます。ツケメン大王とやらも一度ためしに使ってみます。ご協力ありがとうございました。