Quarkで画像がスリ変わり

初めて投稿します。宜しくお願いします。

OS 9.2
Quark 4.0
イラレ 8.0

Quarkイラレを多数張り込んだ、あるドキュメントをベースに、
それをコピーして、それぞれ少し差し替え、ちょっと違うもの
計4点を作りました。

全てプリンタで出力して校正してると、4点全てに使っているイラレAが、1点だけ
何故か全く違うイラレBに。

イラレBはイラレAをベースに、少し変えたもの。
しかし使用しないので、間違えない様に名前も全く別のものに。
(同一フォルダにはありました。)

慌ててデータを見てみると、リンクはイラレAでOKになってるのに、
画面はどう見ても出力通りのイラレB。
繋がってるマシン全て検索しましたが、イラレAはリンク先ただ1つ。
イラレAの名で中身が違うと言うのも、当然ありませんでした。

Quarkドキュメントと張り込み素材は全て他マシンに置いてあり、
そのマシンを再起動させたら直りましたが・・・。
もちろん閉じる時保存し直してませんし、開く時も
何も聞いてきませんでした。

何故こうなったのでしょうか?
しかも4点のうちの1点だけ。
私事ですが、間違って表示、プリントされたイラレBは
絶対にNGなモノだったので、社内でその後大変な騒ぎになり、
現場でない上の人に説明しましたが、お前がやったんだとばかりに
不信がられました。

因みにそのQuarkイラレは、毎回流用や同じ様な手順で
作業するもので、今回だけ特別何かしたわけでなく、
上記の様になったのは初めてです。

説明がややこしく、長文になってしまいましたが、
どなたか原因と対策がおわかりになる方、宜しくお願いします。
» イラレAとBのファイル名は?
(レモンとメロンだったりして…)
» 某紙の温泉特集で、

イラレAは 温泉(○○) ←○○は温泉名

イラレBは 使用停止_温泉(○○)修正

と言う名前です。

名前の付け方が関係あるのでしょうか?
» ごくたまに画像の移動や変名でリンクを切ることができない状態になることがあるようです。
内部的な処理がどうなっているのか知りませんが、「発行と引用」ファイルパス、エイリアスマネージャあたりの絡みでバグがあるのでしょう。
まれにだがそういうこともある、と思っておく他ないと思います。
» 印刷所から戻ったデータでけっこうな頻度でそういうことがあるので、
私はQuarkはそういうもんだと思って気をつけています。
» 今までそんな事なかったもので。

と言うか、気付かないうちに発生してたのでしょうか。

校正後に追加で出力した分が、知らぬ間にそうなってたら
コワイですね・・・。
» こんにちわ。
長らくクォークを使っていますが、そのような症状が一度だけありました。
その時はファイル名が長すぎた上にファイル形式がDCSだったために最後の拡張子が認識できずリンク名(プレビューファイル)と実ファイル(CMYK分版ファイル)がすれ違ってしまったためでした。
それ以来ファイル名に気をつけてからは起こっていません。
HMさんの使われたファイル名程度の長さなら問題ないと思われますが・・・
クォーク上でそのイメージをダブルクリックして出てくるダイアログで右下の「発行元を開く」をクリックしたらどのイメージが開くか確認されましたか?
もしバグだとしたらクォークは4.1にアップデートされた方がいいと思います。
4.0はバグが多いようですので。
» どうもです。

その時はパニクって、
“発行側を開く”は見るのをすっかり忘れてました。
そんな時こそ確認すべきでしたよね。

そのイラストレーターEPSの中に
EPS画像のJPEG圧縮を配置していましたが、
関係ないですよねぇ。
DCSは使ってませんし。。

因みにQuarkは4.1でした。
やっぱりバグですかね??