QuarkXPress自動連結について

EPSのデータをQuark3.3に40ページ分、貼り込んだ状態で、マスターページにテキストボックス(柱にあたる部分、ページによって全て違う内容)をつくり自動連結の設定をし、本文に戻り40ページ分の文字データ(改行された40段のテキスト)を流し込むと、貼り込んだEPSのデータ40ページを通り超して41ページから勝手にページが増えP41~P81におよんでテキストが流れてしまします。いろいろと悪戦苦闘してみてもどうしても、この状態です。初めてに貼り込んだEPSのページにきちんと1ページから40ページにテキストが流れる方法がないものでしょうか?
» 001
文字の大きさや改行の設定は合わせてますか?
あと「EPSのページ」の意味がよくわかりませんが、全面に貼り込んだ台紙ってことでしょうか。
» 002
>文字の大きさや改行の設定は合わせてますか?

はい、あわせております。

>あと「EPSのページ」の意味がよくわかりませんが、全面に貼り込んだ台紙ってことでしょうか

PDFEPS書き出し、1ページ1ページ全面にA4の単ページ40ページ分に貼り込んでおります。
» 003
・マスターページにテキストボックスを作る。
・流し込む
・台紙を貼り込む

の順番では問題があるんですか?
» 004
時間的な問題がありまして、epsデータを『貼り魔王』というフリーソフトを使ってはりこんでおります。40ページの冊子が8冊あるので、一枚一枚手動で貼る事は困難なので、初めに台紙を貼り込み→マスターテキスト→流し込みという順番で仕事を進めております。
» 005
画像ボックスにテキスト回り込みの設定が入っているとか?
» 006
>画像ボックスにテキスト回り込みの設定が入っているとか?

僕も最初、白さんの言っている事だと思ったのですが。回り込みを全てなしにしても同じ結果なのです。悲しいかな・・・。
» 007
>画像ボックスにテキスト回り込みの設定が入っているとか?

僕も最初、白さんの言っている事だと思ったのですが。回り込みを全てなしにしても同じ結果なのです。悲しいかな・・・。
» 008
画像ボックスを手動で貼って、マスターに自動連結のテキストボックスを作り、文字を流してみたところ、同様の現象がでました。

また、画像ボックスもマスターページに作ると、テキストはきちんと流れました。

考えたのですが、マスターページ上で連結させたテキストボックスは厳密な意味でマスターページアイテムとなり、別個にドキュメントに置かれたアイテム(この場合は画像ボックス)を含むページを自分とは関係ないページと認識し、それらを飛ばしてページを自動作成してしまうのではないでしょうか。

回避方法としては、マスターで連結させるのはやめて普通のテキストボックスとし、ドキュメント上で連結する(Option+連結ツールで連続指定できる)、もしくは完全に個々の独立したテキストボックスとし、ページ移動や削除などの訂正に対応しやすくしておく、などでしょうか。
40頁ほどのものでしたらこちらのほうがあとあと作業しやすいと思いますが…
» 009
>回避方法としては、マスターで連結させるのはやめて>普通のテキストボックスとし、ドキュメント上で連結>する(Option+連結ツールで連続指定できる)、もし>くは完全に個々の独立したテキストボックスとし、>>>ページ移動や削除などの訂正に対応しやすくしてお>>く、などでしょうか。

やはりいきつくところは、いっしょでした。今現段階では白さんと同じOption+連結ツールで連続指定で作業を行っております。

実は・・・初めは40頁ほどですが・・・。
月日が経つにつれ、徐々に増え続け最終的には80頁物4冊分。60頁物4冊分になります。この仕事が月に1度有ります。
» 010
>月日が経つにつれ、徐々に増え続け最終的には80頁物4冊分。60頁物4冊分になります。この仕事が月に1度有ります。

 だから、作業手順を考えた方がよいのでは、、という提案が有ったんですけど。

 最初に必要なページ数分のリンクボックスを作っておけば良いわけです。自動発生させるときのテキストデータはダミーで構わないのですから、難しいとも思えません。

 後から画像貼り込みは出来ないのですか?