.viewとGeneric EPS

困ったときにしか立ち寄らない困った信者ですが、いつも本当に頼りにさせていただいております。
冊子印刷実データ」といってクライアントから預かったデータ中のQX4.1のファイルにはってある写真のファイルの拡張子が「.view」となっていました。
あれ、見たことない拡張子だなあ、それに写真の実データにしたら軽くない?と思いながらもPhotoShop5.5で開こうとしたら、「Generic EPSファイル形式をラスタライズ」というウインドウが出て、画像サイズや解像度を入れる窓があり、解像度200など適当に入れて開くとジャギジャギの写真が。出力しても当然「アタリ画像」状態です。
「これはサーバに実画像があって、出力するときにだけ差しかわるようになっているもの」と聞き、ああそういうものなのかと思いましたが、拡張子辞典サイトを渡り歩いても「.view」は見つからず、「Generic EPS」とは何か説明できない自分ががゆく、これも用語事典サイトを巡りましたが、「…を選ぶ」などはひっかかってきますが、説明に行き当たりません。
どなたか「こんなことも知らないの、こういうこと!!」とご説明して頂けないでしょうか。
» .viewとGeneric EPSを一緒にして考えてはいけません。ぜんぜん関係はないのです。

.viewファイルはお調べの通り、OPIで使うアタリ画像です。

Generic EPS...はPhotoShopさんがこのデータは開けないけど、EPSファイルみたいなんで、標準的なEPS形式で解析してみますか?と親切に中身の雰囲気を見せてくれるだけです。
ちなみにイラストレーターEPSやその他のソフトのEPSでも同じメッセージが出ると思います。(最近は少し違うかな)
» けんけんさん、お返事遅くなって申し訳ありません。お医者さんのセカンドオピニオンで確定診断を受けたようなすっきりした気分です。親切なご説明、ありがとうございました!