特色20%の文字が100%になってしまう

[19029]特色20%の文字が100%になってしまう 投稿者:ゆうこ 投稿日:2009/03/17 11:47:06
Mac OS10.5.6 Illustrator CS3です。
最終的にはスミ金赤の2色刷りなのですが、校正段階では特色で表現して、印刷時にスミ版とM版にしています。
その時、特色をM100%に変更してスウォッチからその特色を削除すれば以前(Illustrator8)は問題なかったのですが、CS3では文字部分が全てM100%になります。
どこか設定があるのでしょうか?
文字をアウトラインにすれば問題ないのですが?
Re: 特色20%の文字が100%になってしまう 投稿者:あさうす 投稿日:2009/03/18 11:00:48
Win版のS2/CS3で試してみましたが、確かに仰ることが発生します。

厳密に起きるタイミングとしては、スウォッチオプションの
「グローバル」のチェックOFF、またはそれと同等の状況
(スウォッチ削除)が起きた場合になっていて、その際に、
元のスウォッチのカラー(CMYK値)に戻っているようです。
なのでその時点で色自体が変わってしまっていますし、
カラーパレットの色情報とも異なっている、おかしな状態に
なっています。

仰るとおり、アウトライン等の図形にしておくか、もしくは
グローバルスウォッチのまま削除しないかの、いずれかしか
回避方法はないかもしれません。
Re: 特色20%の文字が100%になってしまう 投稿者:匿名2009-2 投稿日:2009/03/18 12:19:28
CS2で確認しました。

プロセスで出力するのが前提ならば、
最初からプロセスカラーでデータ作成すれば良いのだと思います。
その際、「グローバルプロセスカラー」にしておけば良いのでは。
つまり、最初は見た目特色の色設定をしておいて、
後から1版だけ使う色に変えれば。
要はスウォッチを削除することが問題のようなので。
また、フィルタ>カラー>「CMYKに変換」すると希望の色に変わるようでもあります。
※CS3(以降)ではこの機能のメニュー位置が変わっています
編集>カラーを編集>CMYKに変換です。

ところでCS3とのことですが、例えば「ライブカラー」機能で
色を変えた場合も同様なのでしょうか?
編集>カラーを編集>オブジェクトを再配色←これがライブカラー機能
Re: 特色20%の文字が100%になってしまう 投稿者:ゆうこ 投稿日:2009/03/18 15:39:37
ありがとうございました。
「グローバルスウォッチのまま削除しない」がいいようですね。
「ライブカラー」機能でも同じことができましたが、選択しないといけないので選択箇所が多い場合、ロック解除とかちょっと確認が手間かな?
この記事の書き込み元へのリンク (コメントや質問などはこちらへどうぞ)