Illustrator10.0のデータをFreehandでひらく

[6986]Illustrator10.0のデータをFreehandでひらく 投稿者:ぽん 投稿日:2004/12/24(Fri) 15:47
Illutratorのデータ(レイヤー多数有り)データをFreehandMXで開くとレイヤーが1つになってしまいます。
レイヤーごと持ってくることできないんでしょうか。

当方、Mac OS 9.1(Illustrator10.0)
Mac OS 10.3(Illustrator10.0とFreehandMX)

仕事で、当方Illustrator10.0のみ知識があり作業したものを納品先では、Freehandデータにしてくれとの依頼です。
Freehandのソフトは持っているものの操作は全くできません。両方に詳しい方教えてください。
Re: Illustrator10.0のデータをFreehandでひらく 投稿者:亭主 投稿日:2004/12/25(Sat) 10:56
私は最初、FreeHandを使っていて、その後(1999年)Illustratorに切り替えました。
今は全く使っていないので、私も殆ど忘れてしまいました。
又、バージョンが上がっての新機能については全く承知していません。
と言うことで、あまり参考になりませんが。

今回、FreeHand10で、Illustratorのデータを開いて見ました。
直接Illustrator形式をFreeHandで開くと、レイヤーも保持されました。
しかし、.eps形式で書き出したファイルは、レイヤーが1つになってしまいますね。

何れも、データが相当破壊された状態でしか開きませんでした。
グラデーションメッシュなどは、当然反映されず、単色になってしまうし、グラデーションも反映されないようですね。

かって、バージョン8同士の頃はもう少し互換性が有ったような気がしましたが。

FreeHandの機能全般について説明は当然出来ませんが、大きな特徴として………、
「インスペクタ」パレット上で、線、塗り、テキストなどの属性設定をします。

Illustratorと違い、カラーパレット(スウォッチパレット)に、初期設定でカラーは用意されていません。
ミキサーでカラーを作成し、登録します。
等など、
Re: Illustrator10.0のデータをFreehandでひらく 投稿者:ぽん 投稿日:2004/12/30(Thu) 12:47
返信遅くなり申し訳ありませんでした。

丁寧なご回答を頂きありがとうございました。
なるほどFreeHandでは、ダイレクトにIllustratorのデータ(ai)を開くことができるんですね。
こんなことも知りませんでした。今までは「読み込み」でやってましたので、レイヤーは一つになってしまうんですね。

ただ、Illustrator10.0のデータを互換性の設定をそのまま、10.0のバージョンで行うといろいろ支障があるようです。
FreeHandで「書き出し」コマンドでIllustratorのバージョンは7.xが最高だったので、これでやったところ。
FreeHandの「開く」コマンドで、全てのレイヤーをそのまま持ち込むことができました。

いろいろご助言ありがとうございました。
この記事の書き込み元へのリンク (コメントや質問などはこちらへどうぞ)