カラーパレットについて

[8689]カラーパレットについて 投稿者:us 投稿日:2005/04/04(Mon) 17:02
はじめまして。
どうしてもわからないことがあります。

イラストレータのデータに配置してあるtif画像があるのですが,これを選択してカラーパレットを開けると,CMYKでもRGBでもなくTと表示されていて色がついています。
バーの下には新規カラーと書いてあります。
しかし元のtifデータをフォトショップで開けるとモノクロ2階調になっています。
このTというのは何なのでしょうか?
また,どこで色の情報をもっているのでしょうか?

自分でフォトショップで2階調のデータを作ってイラストレーターに配置してみましたが,Tというのは出てきませんでした。
色を変更しようとするとCMYKまたはRGBになります。

どなたか教えてください。よろしくお願いたします。

Windows2000
Illustrator9.02
Photoshop6.01
Re: カラーパレットについて 投稿者:おじいさん 投稿日:2005/04/04(Mon) 17:19
Tは、Illustratorで設定したグローバルなプロセスカラーかスポットカラーです。

TIFFの2値データは、他のアプリケーションで色をつけることができるのです。
ですので、あなたが作った2階調データを配置して、同様に色をつけることができます。

スウォッチパレットを見てみてください。
普通のカラースウォッチに混ざって、右下の角に三角形がついている(あるいは三角形の中にポイントのある)スウォッチがあるはずです。
それが、TIFF画像についている色の正体です。

三角だけのものはグローバルなプロセスカラー
三角にポイントのあるものはスポットカラー(特色)です。

グローバルなプロセスカラーは、スウォッチをダブルクリックして開くオプションで、“個別に変更”のチェックを外すことで定義されます。
グローバルプロセスカラーで作成されたオブジェクトは、そのスウォッチのカラーを参照しているため、
スウォッチのカラーの変更が、書類上の全てのオブジェクトで適用されます。
非常に便利な機能です。

スポットカラーはスウォッチをダブルクリックして開くオプションで、カラータイプをスポットカラーにすることで定義されます。
特色用の版を作りたいときに使います
Re: カラーパレットについて 投稿者:us 投稿日:2005/04/05(Tue) 14:10
おじいさんありがとうございました。

グローバルなプロセスカラーとスポットカラーの違いがとてもよくわかりました。
TIFFの2値画像に他のアプリケーションで色をつけられることも驚きでした。
印刷屋でないのでよくわからないのですが,photoshopで作成したデータをIllustratorに配置するときはEPSにすると聞いていたので,それしか頭にありませんでした。

今後ともよろしくお願いします。

この記事の書き込み元へのリンク (コメントや質問などはこちらへどうぞ)