異なる級数が混在する時の行送りの変更

[6422]異なる数が混在する時の行送りの変更 | 投稿者:オメガ | 投稿日:2012/01/09(Mon) 23:38:09
InDesign CS5(7.0.4) Mac OS X(10.6.8)です。

とても初歩的な質問なのですが、InDesignで異なる数が混在している段落の行送りを、文字を選択した状態で、行送りの増加/減少のショートカットを使って変更した場合、(単位と増減値のサイズ/行送り)×(異数の数)分変更されてしまう仕様ですが、皆さんどのように対応されていますでしょうか?
IllustratorPhotoshopでは異なる数が混在しても各段落増減値分で行送りが変更されるのですが...)
この仕様には何か利点があるのでしょうか?

今更な感が拭えませんが、ずっと以前からの疑問でして。そういう仕様と諦めております...
仕事上で困っているわけではないので、もし気が向いたら、ご意見いただけるとありがたいです。

回避策としては、
・素直にコンパネか文字パネルに行送りを入力する
・テキストは選択しないで各段落にカーソルを立ててちまちま増やす
・スクリプトで選択した各段落の行送りを増減させる
などが挙げられると思いますが。
attached image
» 1
[6424]Re: 異なる級数が混在する時の行送りの変更 | 投稿者:Subi | 投稿日:2012/01/10(Tue) 15:16:49
Windows CS2(4.0.5), CS5(7.0.4)では再現できませんでした。
Windowsだからか、それとも何か他の条件があるのでしょうか。
» 2
[6425]Re: 異なる級数が混在する時の行送りの変更 | 投稿者:オメガ | 投稿日:2012/01/10(Tue) 16:02:58
>Subi様
検証ありがとうございます。
もしや?と思って試してみたのですが、環境設定の「段落全体に行送りを適用」のチェックを外すと再現しませんでした。

ここのチェックを外すとその段落の行送り値が把握しづらいので、ここは常にチェックオンの状態で運用しています。
段落全体に行送りを適用の不具合なのでしょうか。CS5.5でも試したところ再現しました...。
この記事の書き込み元へのリンク (コメントや質問などはこちらへどうぞ)