透明効果を使用した場合に起きる不具合を解消するためには?

» 6365
[6365]透明効果を使用した場合に起きる不具合を解消するためには? 投稿者:げんき 投稿日:09/06/03-10:49
印刷所へ入稿するPDFファイルで不具合が生じており、困っております。
お力をお貸しいただければ幸いです。

ドロップシャドウなどの透明効果を使用したIllustratorのAIファイルをInDesignに貼り付けて、
PDF書き出しすると、PDFファイル上の透明効果を使用した周辺に白い線が表示されてしまいます。

試しに、AIファイルをIllustratorEPSファイルに保存し直してから貼り付けると、
白い線はさらに悪化してしまい太くなってしまいます。

これまでも何度か経験があるのですが、その際には解決できず、
印刷所へはPDFファイルではなく、生データで入稿していました。

できれば、今回はPDFファイルで入稿したいと思っております。

何かよい方法はございませんでしょうか?
皆様はどのように解決していますでしょうか?

こちらの制作環境は、MacOS10.5、IllustratorCS3、InDesignCS3です。

よろしくお願いいたします。
» 6366
> ドロップシャドウなどの透明効果を使用したIllustratorのAIファイルをInDesignに貼り付けて、
> PDF書き出しすると、PDFファイル上の透明効果を使用した周辺に白い線が表示されてしまいます。

Illustratorの効果メニューにある[ドキュメントのラスタライズ効果設定]とドキュメント設定ダイアログ(ファイルメニューのドキュメント設定)にある透明の「書き出しとクリップボードにおける分割・統合」の設定はどうなっていますか?

「書き出しとクリップボードにおける分割・統合」は必要であれば[高解像度]をベースにして「すべての線をアウトラインに変換」などをチェックしたオリジナルの設定を作成しないとラスタライズされたときに段差や線が出てしまうことがあります。
» 6367
[高解像度]にして、「すべての線をアウトラインに変換」にチェックしてやってみましたが、白い線は消えませんでした。

その設定でEPSファイルに書き出して、
そのEPSファイルをInDesignで使用してみても、
書き出したPDFファイルでは白い線が消えませんでした。
» 6368
> 書き出したPDFファイルでは白い線が消えませんでした。

InDesign側での書き出し設定はどうなっていますか?
InDesignに貼り込んでPDFに書き出すなら、透明部分の分割・拡張は最終的にInDesignでおこなわれるので、とくに理由がないならEPSにする必要はないと思いますよ。
» 6369
EPS変換をする必要がない件、ご指摘ありがとうございます。
知りませんでしたので、勉強になりました。

ご指摘の点を確認しました。

InDesignにて、透明部分の分割を[高解像度]をベースにして「すべての線をアウトラインに変換」にチェックを入れた設定を作成し、PDF書き出し時には、その設定を選択して書き出しましたが、白い線は消えませんでした。

どうしても解決しない場合は、Illustrator側で全オブジェクトを選択して、350dpiでラスタライズしてAIファイルで保存し、それをInDesignに貼付けて、PDF書き出しをするしかないのでしょうか?

以前一度、そのPDFファイルをデジコンを出力してもらったところ、文字がよく見ると、ギザギザになってしまい、見栄えがイマイチでした。文字も画像になっているので当然なのですが…。

何かよい解決方法があればお教えください。
よろしくお願いいたします。
» 6370
> どうしても解決しない場合は、Illustrator側で全オブジェクトを選択して、350dpiでラスタライズしてAIファイルで保存し、それをInDesignに貼付けて、PDF書き出しをするしかないのでしょうか?

手動でラスタライズすると解決できるのであれば有効だと思いますが、手動でおこなうかアプリに任せるかの違いで使っている機能は同じだと思います。ですので、設定によるものなのかの見極めができないと、他のファイルで同じことが起きる可能性があると思います。

> 以前一度、そのPDFファイルをデジコンを出力してもらったところ、文字がよく見ると、ギザギザになってしまい、見栄えがイマイチでした。文字も画像になっているので当然なのですが…。

ドロップシャドウをかけているオブジェクトはもしかしてテキストでしょうか?
でしたら「透明の分割・統合プリセットオプション」で「すべてのテキストをアウトラインに変換」にもチェックを入れてみてください。これでPDFを書き出すときにテキストをアウトライン化してテキストではなくベクトルのパスにしてくれます。

画像、テキスト、パスオブジェクトなどが重なって、なおかつ透明機能を使って複雑な状態になっているとうまく分割・統合をできないで線が出てしまうことがあります。あと、Illustratorに画像を貼り込んで、それをさらにInDesignに貼り込んでいる場合は、InDesignに貼る前に画像を埋め込んでおくか、InDesign上に貼るようにする方がいいかもしれません。

InDesignの[透明の分割・統合]パレット(ウィンドウ→出力→透明の分割・統合)でプリセットに作成したオリジナルのプリセットを選択して、透明を使用している部分やアウトライン化される線およびテキストの処理を確認してみるといいと思います(プリセットを変更してみると処理のされかたの違いもわかると思います)。
そのうえで、どうしても線が出てしう部分は手動でラスタライズしておくなどの処理をするのが良いと思います。
» 6371
残念ながら、ご指摘いただいた点を試してみましたが、
白い線は消えませんでした。

となりなりますと、手動でラスタライズするしかなさそうです。

補足なのですが、「透明の分割・統合プリセットオプション」を使用し、
自動でラスタライズしますと、透明効果を使用していない文字であるにもかかわらず、
文字の上側が少し切れてしまうという不可解な不具合が出てしまう場合があります。

よって、手動でラスタライズするようにしています。

このたびは懇切丁寧にアドバイスいただきまして誠にありがとうございました。
» 6373
InDesign上で、
拡大したりしてませんか?
» 6374
拡大はしておりません。
100%で使用しております。

みなさんはPDFファイルに変換すると、白い線が出るというトラブルはあまり経験されていないのでしょうか?
私は、クライアントから入っていくるデータで頻繁に経験しております。

毎回、頭を悩ませています。
最近は、問題を解決するためにIllustrator上で全オブジェクトを選択して、
350dpiでラスタライズして、EPSファイルで保存し、
そのファイルをInDesignに貼り付けて、PDFファイルを書き出して、
印刷所に入稿しております。

文字まで画像化されてしまうのが難点で、他に良い方法があれば、
どなたかお教えいただきたいです。
» 6375
> > みなさんはPDFファイルに変換すると、白い線が出るというトラブルはあまり経験されていないのでしょうか?

私はないですね。画面表示上の問題、ということはありますが。


> > 文字まで画像化されてしまうのが難点で、他に良い方法があれば、
> どなたかお教えいただきたいです。

それはありえない。設定の問題だと思いますけどねえ。
ベクトルはベクトルのまま維持できなかったら、
それこそ使い物にならないではありませんか。
» 6376
ウインドウの分割・統合プレビューで確認しながら
オブジェクトの分割・拡張...と
アピアランスの分割と
透明部分を分割・統合...で回避
最悪は自分で部分的にラスタライズ。

書類全体でラスタライズはありえないです。
» 6377
みなさん、ご回答ありがとうございます m(_ _)m
やはり書類全体のラスタライズはありえないのですね。

「透明の分割・統合プリセットオプション」の設定を色々と変更して、
試してみたのですが、白い線は消えませんでした。
そこで、ADOBEのサイトで下記の情報がありましたので、試してみました。

*http://www.adobe.com/jp/support/kb/ts/235/ts_235048_ja-jp.html

結果、白い線は消えたのですが、文字ボックスの上端にある文字の上側が
少し切れてしまうという不具合が出てしまいました。
ただ、この不具合は、複数のデータが検証した訳ではないので、
この時に使用したデータでのみ起こってる可能性があります。
これから検証を進めていきたいと思っております。

匿名Bさんの方法は試したことがありません。
部分的に手動でラスタライズしてみるとどうなるかを検証してみたいと思います。

ありがとうござました。
» 6396
同じ現象を経験しました。pdfを書き出すときの互換性設定を
Acrobat4(pdf1.3)からAcrobat5(pdf1.4)にしたら
直りました。ご参考までに。

  おすすめ投票