パス作成について

WINフォトショCSで選択範囲からクリッピングパス作成してます。
最小の0.5単位にすると細かいディテールはよいけどアンカーポイントが多すぎてジャギっぽいパスになり、かといって数値を増やすと細かいディティールがスポイルされてしまうので満足できません。
プラグインか別のソフト買おうと思うんですが、大体のカタログを見るとデジカメ合成のようなアルファマスク自動切り抜き用というイメージで自分の用途には合っていないという印象です。
パス生成がもうすこし細かいディテールまで賢く判別して、尖ってるところや角が丸くなりにくく、大きなカーブの曲線や直線はスムースでアンカーポイントも少な目にするエンジンがいいんですが。
実際にフォトショのパス作成機能にもっと細かい設定がついてるようなプラグインもしくは別ソフト使ってる方おられますか?
こればかりは使ってみないとなんともいえないとは思いますが、多少でもお勧めがあればぜひ教えてください。
パスの手直しは前提として考えますので。
ついついマスクの美しさにこだわってしまうんですよね。出力してもほとんどわからないのに(^^)
» ストリームラインで線画にする精度の切り抜きソフト。
あるんでしょうか。
選択範囲からだと、ぼかしの部分はアンカーポイント多くなりますよね。
» お返事ありがとうございました。
ストリームラインという言葉を覚えました。
おかげでやっかいな仕事のときに上司に長々と説明しなくてすみます(^^)
横文字だと上司が理解できてなくてもなんとなく丸め込めるから好き。

あれからフォトショでいろいろ試してみたんですが、比較的きれいにとれる手順を考えてやってみました。まあ、感覚的なものなのですが、アンカーポイントは比較的少なく、ベジェもそこそこ、鋭角部分もそこそこ?

1.書類を複製
2.解像度を3倍から10倍程度にする(バイキュービック)
3.選択範囲指定
4.パス作成(鋭角部分のスポイルやトレースずれをしない程度:1から3ピクセル)
5.パスのウィンドウから

数値は画像解像度や選択範囲の形状によってケースバイケースではありますが、手修正があまりいらないので今回の仕事はなんとか対処できそうです。
デザイン入稿が低解像度のラスターできてしまって、文字等細かい部分もトレースをしてえっちらおっちらアウトライン化してます。
デザイナーさんがイラレで作って72dpiフォトショ書き出ししてるそうで、元のアウトラインくれませんかって言ったら「イラレのデータどこにいったかわかんない。プリントアウトはきれいなんだからフォトショのデータそのままに仕上げてください」だそうなので・・ハァ~
せめて解像度くらい上げてくれればいいのにと思って説明したら「そのデータの解像度上げればいいんじゃない?」・・・もうだめ。この人ムリって感じです。
まんまで印刷やったら明らかに低品質になって自分のせいになるしね。

でも、プラグインやソフトの情報あったらまた教えてください。
» ストリームライン(オートトレースツールのアドビ・ストリームライン)を使うとかなり細かく設定できますが、
今ではillustratorCSなどのオートとレース機能も向上してるかもしれません。
» >今ではillustratorCSなどのオートとレース機能も向上してるかもしれません。

ありがとうございます。会社のMACのAdobe CS standardで来週調べてみます。家にはWINとPhotoshopCSしかないのでそいつだけでなんとかできないかと宿題としてやってました。まあ、イラレCSで上手くできなくてもいいように家でも宿題を終わらせときます。

ストリームライン見つけました。恥ずかしながらまったく知らないソフトでした。
ただ、対応OSが古いんで家のXPや会社のOS9やOSXでは無理そうですね?
それらのOSで動いてるという実績があればいいんですが。どちらにせよAdobe CSのトレースが使用感良かったら十分かもしれないです。
» そういえば、そうですね。対応がwin98でしたっけ。
使うこともなかったので対応OSに考えが至りませんでした。
あんまり使い道ないですね。すみません。
イラストレーターもお使いなら、Photoshopデータを配置などで
マスク作成にはいいかもしれないですね。
クリッピングパスの必要がある使い方ならば、ではありますが。
» 対応がwin98でしたっけ。>

ストリームラインの対応はwin95、NT4.0ですね(^^;