カラーレーザープリンタで出力した物を、印刷の色見本に指定するクライアントを説得したい。

カラーレーザープリンタで出力した物を、印刷の色見本に指定するクライアントを説得したいのです。
『絶対にこの色にはなりません!』とカラーレーザーと輪転機印刷の違いを説明したのですが、お客は納得してくれません。
あくまで、『この色でなければダメ!ウチはこのプリントアウトを見て校正しているのだから!』
と言われてしまいます。
何か、一発で納得してもらえる説明の仕方は無いですかね?

4色の輪転機と6色のカラーレーザーの色が合うわけ無いじゃん!!
» 001
そのプリンタ出力したもので納品すれば?
“どえらいコストが掛かりますよ”という一言添えて。
» 002
逆の立場ならどうですか?
校正紙の雰囲気が気に入っている。
ところが実際に印刷すると、同じ色にはならないという。
じゃあイメージが変わってしまうじゃないか! とね。

やっぱ校正の最初の段階か、あるいはそれより以前に事情を説明すべき(だった)でしょうね。
「蓋を開けてみたら…」ってだれもが嫌ですから。

僕なら、前もって説明しておかなかったことをひたすら謝りますね。
» 003
「絶対にこの色にはなりません」にプラスαとして、
本紙色校正のご提案はなさらなかったのでしょうか?

時間あるなら本紙色校して、違いをみてもらって反応をうかがう。

当方も校正はレーザープリンタ(4色)が主ですが、PSプリンタですしソコソコ色は合いますよ。
色を気にする仕事であれば、工程表を提示して早い段階で本紙色校を行なうようにしています。

そのお客と縁切ってもよけりゃ「もっと印刷を勉強したらぁ~?」って言ってみる。

困ったちゃんなお客様ですね・・・。健闘を祈るよ。
» 004
不勉強で申し訳ありませんが、
『6色のカラーレーザー』の機種をご教授いただけないでしょうか?
» 005
>『6色のカラーレーザー』の機種をご教授いただけないでしょうか?

元発言の方は、きっとレーザーじゃなくてインクジェットだったんでしょうね。
4色のPSレーザーなら話は違いますが。
» 006
6色ですることを提案してみればいかがでしょう。
どんな色味のものかわかりませんが、
CMYK+蛍光ピンク+オレンジ……などなど、
いまはオフセットといってもいろいろありますから。
» 007
)) 6色ですることを提案してみればいかがでしょう。

それでもインクが違う以上、完全に同じ色にはならないでしょう。透明水彩で描いた絵を油絵の具で正確に模写することが難しいように、どんなにがんばっても物理法則の限界というものが存在すると思います。ぶっちゃけた話、通常の色校正と本機の間でもインクの違いがあり、厳密には合いません。印刷オペレーターの技術が高ければ、素人目にはわからないぐらいのところまで近づけられることもありますが。

もっとも、それ以前に先方の校正手段がインクジェットプリンタならば、紙が本紙と違うでしょうから、同じプリンタで同じインクを使っても、製品とは合わないでしょうね。先方の使ってるプリンタで、普通紙とコート紙に同じ絵柄を印刷してみせれば、少しは納得してくれる可能性が増えるかもしれません。でも、そういう得意先はこっちの事情を理解したら負けだと思っているでしょうから、001氏の言うように、同じインクジェットプリンタで製品を作るコストを計算して、「これだけコストと時間がかかります」って見せるのが一番いいと思います。
» 008
皆さんコメントありがとうございます。

詳細を説明してしまうと、狭い業界、印刷物が何か特定されてしまう恐れがあり、私の会社もバレてしまう可能性もありますので多くは喋れません。(笑)

で、本紙校正ですがとっている時間がありません。
夕方5時データ入稿→作業してそのまま下版→深夜輪転機印刷→翌日朝納品
こんなスケジュールです。
タブロイド28p~48pで部数が5,000部です。
完全に平台の内容ですが、時間が無いので無理やり輪転で回してます。

困ったもんだ…。
» 009
おそらく確信犯。
いちゃもんつけて値切るつもりなんでしょう。

夜中に自宅へ電話して、
色があわないので明朝納品できません
と言う。

狭い業界だからこそ晒すべきではないかと。
» 010
ファンテール氏の言っていることは、意味がないのでは。
そんなことを言ったら、印刷物はすべて一点一点厳密に言えば違う色味になってしまいます。
私が言っているのは、インクジェットとオフセットで、
クラインアントがインクジェットに比べてオフセットの色味に不満を持つ場合、
多くの場合、6色印刷などでその不満を解消できる可能性が高い、ということです。

なんだかいつも思うのですが、原則的で専門的な知識をひけらかして、
現実的なネゴシエーション能力のなさそうな人がこの掲示板には多いと思いました。
まあよく言えば現場寄りなのかも知れませんが。
» 011
あ、言い忘れましたがフリーペーパーなので紙も安い上質系です。インキがしみこんで濁るんでよ。
カラコンを印刷の色見本にしてますが、クライアントはプリントアウトした物を見て色調を決定しているので、色味が違っているんですよ。それを無理やり色を合わせているので。しかも部数が5,000部って…現場の印刷オペレーターからは、
『0(ゼロ)が一つ足らねーよ!!』
って、いつも怒られてます。
» 012
なんとなく、微笑ましくていいですね。

上質だとシアンが他のインクより色が沈むので、コートに較べ色調が若干赤っぽくなりますよね。
色にうるさい得意先の場合、コート用と上質用と二つのロゴデータを用意しています。

この業界、めんどくさがり屋と管理能力に問題のある方が多いのでしょうか、こういう使い分けが必要になることがしばしばあるにも関わらず、データに関して、あるいは色校に関して無頓着で、刷り上がったものだけを見て文句をたれるという方が非常に多い。

プロセスインキも各社特長があって、例えば大日本、東洋などを較べるとやっぱり違いますね。
また、三菱のパンフレットに、Japan color 2001も三者三様、各社で違うというようなことが書いてあったな(PRIZMだったっけ?)。
自分はこういうつもりだったのに~! ってのが通用しなくなる要素がいろいろ転がっているので、色の再現という作業は実に厄介。

超特急のデータ入稿の仕事ででもないのなら、
>>003 まぁさん
>色を気にする仕事であれば、工程表を提示して早い段階で本紙色校を行なうようにしています。
ということ(提示)をキチンとやるべきなのではないでしょうか。
これは手順を踏んだかどうかということよりも、客観的には顧客とどう向き合っているかが問われてしまうわけで、つまり、フォローするという姿勢があったのかなかったのか。その意味からいえば、本紙校正ができるフローがあるかどうかは特に問題にはならないと思う。
今回のような件に自身が遭遇したとすると、顧客に対するフォローが欠けていたという認識に、僕なら立つ、というわけです。

…002の匿名でした。
» 013
なんだかいつも思うのですが、少し専門的な話が出てくると
「専門的な知識をひけらかして」とか言って自分の無知さを棚に上げて
場を荒らすような人がこの掲示板には多いと思いました。
» 014
そもそも、客先のプリンタはキャリブレーションしているのでしょうか?
» 015
ネゴシエーション能力低いね。
「これじゃなきゃ絶対ダメ!」っていう相手を言葉でねじ伏せようってんだから。
いや、畏れ入ったよ。(^^;
» 016
皆さん、コメントありがとうございます。

・タブロイド28p~48p(週によって変化します)
・4c/4c
・4,000部~5,000部
・夕方17時にPDFによる完全データ入稿で翌朝11時に印刷工場から車で1時間の場所へ納品
・特に全面広告に大手メーカーの広告が多数入るため、色調、品質はかなりウルサイ

以上の条件で皆さんが考えるフローを教えてください。
※現在はDDCP(カラコン)を出力、色校とし商印輪転機で印刷しています。
» 017
それと、受注前に先方から受け取ったデータにてテスト印刷を行って了承を得た後、契約書を交わしました。
» 018
tigerさん。事前にテスト刷りをしてOKが出て、この状況なわけね・・・。先方はテスト刷りで何を確認したかったのでしょうか?
色?それとも版ズレ?技術?・・・
どうあれ、ここまでくると単なる嫌がらせじゃないかと思う。

当方も希にウルサイ客のわがままを聞き入れますが、本紙色校ができない行程なら、クライアントへ印刷現場立会いを提案します。立会いを拒否するようなクライアントは重度の困ったちゃんだな。
一度、印刷現場の立会い勧めてみては?
» 019
[まぁ]さん、コメントありがとうございます。

立ち会いも始めたころに一度やったんですよ。ただ、印刷スケジュールが↑の通りなもんで、刷り始めるのがどうしても深夜からになってしまい、立会いをお願いしてもなかなか…で、文句だけは言う、みたいな。

プリントアウトと印刷物の色味が違ってくるのを、相手を納得させる説明の仕方って無いですかね…?

一つ訂正です。カラーレーザーは4色ですね。ごめんなさい間違えました。
キャリブレーション、カラーマッチング等は社内のプリンタでも試した事があるんですよ。でも、プリンタの温度によってかなり色味が違ってきてしまうので断念しました。
1p目に出力したロゴの色と連続して出力した48p目のロゴの色が全然違ったんです。こりゃダメだ、と。
» 020
なるほどねぇ。

ウチら印刷界の人間なら、プリンタと輪転の違いは理解できるね。広告代理店さんはチト印刷をかじった知識で解ったと思ってることが多いね。ウチのクライアントにそういうヤツがおるがな。

>プリントアウトと印刷物の色味が違ってくるのを、相手を納得させる説明の仕方って無いですかね…?

そうだったね。時間がないのにこれといったアドバイスになっていなかった。力不足ですいません。
・・・あとは、お客が角を出さないように1つ1つプリンタと輪転の機構やら仕組みやらを説明してみる。
一番やばいのは、お客が意固になっちゃうこと。そうなるともう言うこと聞かなくなるから・・・。
» 021
話してわかる人なのか、聞く耳持たない人なのか、それが重要でしょう。
わかってくれる人ならば、
・ガモットの違い
・インキとトナーの色材(成分)の違い
・CMS(プロファイル)に関して
をお話して、その上で、
御社のプロファイルをお渡し
でしょうか。
聞く耳持たない人ならば、
相手の上司の人にお話しさせていただくしか……。
» 022
よりによって、一番うるさいのが編集長なんですよ…。まー、みんなの意見を代表して言ってるんだと思うんですが。
» 023
なら、その上へ
» 024
それだとフロー成り立たないね。色校取る必要が出てくるから。
現物見せるのが一番じゃね?
あとは焼き度調整でなんとかしてフロー成り立たせるしかないんじゃない?
それでダメなら断った方がいい。多分、損害の方がでかくなる。
» 025
またもやクレーム来ました。
なんでも、広告営業が納得しないらしい。
朝の6時まで立会いして、色調を近づけたけどダメでした。
よくよく話を聞くと、毎回クレームを言ってるのは営業らしい。

知り合いのDTPオペに話したら、
「いまだにそんな事言う奴いるんだ」
と笑ってました。

クライアントへの説明として、
「食品サンプルを指差して、『これじゃなきゃ嫌だ!』って言ってるのと同じですよ」
ってのはダメ?
» 026
>「食品サンプルを指差して、『これじゃなきゃ嫌だ!』って言ってるのと同じですよ」
食品サンプル見て、おいしそうだなぁーと思ってその店に入った客が、出された実物がサンプル以下だったらがっかりするでしょう。だったらサンプルだすなよ!て言いたくなりますよね。
サンプル以上のものを出せれば(これもすごく主観的な要素なので何がよくて悪いかは一概に言えないけど)済む話ですよね。

>『この色でなければダメ!ウチはこのプリントアウトを見て校正しているのだから!』
だったら「サンプル」食わせれば。レーザープリントで刷れば?
» 027
レーザープリント→レーザープリンタ
» 028
いや~コリャ骨折りそうだね (^^;
どうしてるか気にしてましたよ。

前レスからして週刊誌っぽい。だとすると毎週同じ目に遭うといったところか。
しかも長期契約で、契約後に蓋開けてビツクリ!ってな光景が・・・。どう?図星?

この話しの展開でこんなこと聞くのはもう遅いかもしれないけど、レーザープリンタの色見本ってのは、お客が自分のところで出力したもの?それとも、入稿PDFをtigerさんとこのレーザープリンタで出力したもの?
コレ重要なんで明確にしときたい。皆さんとらえ方が分かれているような気もする。
» 029
食品サンプルの話は、言い過ぎとしてもカラーレーザーと輪転機ですった刷り物とじゃ、
それくらい差があると思うのですよ。コストだって断然サンプルの方が高いんだろうし。
ホント、サンプル食わせたいです!
「だったら、5000部くらいレーザープリンタで印刷したらイイじゃん!」って言いてー!

週刊紙なんでほぼ毎週です。
ウチに回ってきた経緯も、どうやら以前のところがギブアップしたからみたい。
俺もギブしたいです。

プリントアウトはお客の所のプリンタからです。
「キャリブレーションとかカラーマッチングとか狂ってませんか?」って聞いたほうが良いよね?
でも、ウチのプリンタもそうなんだけど、カラーレーザーのキャリブレーションとかカラーマッチングで
刷り色に近くなる?ウチもいろいろ試したけど、たいして変わらなかった。最近のは違うのかな?

広告のデータは基本的に編集部では触らないんだそうです。
で、プリントアウトをくっつけて、「この色で」って、そりゃ色校じゃなくてゲラだろ!

さっき知り合いのDTPオペからメールが来て、
「どうせ広告営業なんて印刷の事なんか解っていないから、広告代理店に言われたままもって帰ってくるんだよ。
もしかしたらそこも広告代理店にカモにされてるんじゃない?
『色が違うからペナルティー!』って」
» 030
あーーなんかそれクサイですねぇ。<カモ
早くギブしたほうがよいかも・・。
» 031
ひとつ気になったのは…
広告代理店からのクレームだとすると、

他に出稿している媒体があって
それと比べて仕上がりが不満だという可能性は?
私もそういう経験があるので。
» 032
>031
確かに。
「他所は同じ条件でちゃんとやってるよ!」てね。
じゃあそこに出しゃいいじゃん・・・。ねぇ。
» 033
>カラーレーザーのキャリブレーションとかカラーマッチングで刷り色に近くなる?

ウチもプリンタ導入時に出来る限り刷り色に近くなるようチャレンジしました。
ですがPSドライバだとプリンタ機器のプログラムとは独立制御のようで、メーカー保守さんがとことん色調整を仕掛けても調整することはできませんでした。
(PSドライバを使わないプリントは調整幅がありました。)
幸いなことに色調整なしでも、そこそこ合っているので大きな支障はでていません。

>「キャリブレーションとかカラーマッチングとか狂ってませんか?」って聞いたほうが良いよね?

この問いに加え、PSプリンタかどうかも聞いてみて、PSじゃなかったり、誤差が大きいとなれば、広告代理店のプリントに否があるでしょう。そうであれば、「そりゃ色校じゃなくてゲラだろう!」きっぱり言ってやってください。

大手の広告なら完璧に仕上ってるのが一般的だし、色だっていじる必要ない。広告主は印刷の仕上がりを予想して作ってるわけだから、途中で不備な色見本提示されて、本刷りで狂わされたらご立腹でしょう。
こんな見解、広告代理店の編集部は気が付いてないだろうな。
広告主からお目玉くらって、そのとばっちりがtigerさんとこに来てる・・・って予想するのは私だけか。

だいいち、広告主は広告代理店のプリントを確認しているのだろうか・・・。
調整しない正規の刷り物と問題の色見本(広告代理店のゲラ)を広告主に提示できれば、ジャッジできるんじゃない?
隔週の合間に少部数の正規刷りを準備して説得材料に使う。広告主を交えて協議するくらいのことをしとかないと、どん底になっちゃいそうだね。
» 034
電○がらみの広告もありますが、いい加減なもんですよ。データと一緒に付いていた本校正の紙はコート紙でしたから。刷っているのは上質紙なのに。他の媒体の広告の使いまわしだと思うのですが、一年くらいやっていて一度も上質紙で刷った本紙校正(本紙校正じゃないジャン!)が付いてきた事ないです。

営業が直接メーカーから広告を取ってきている、みたいな事も言っていましたが(そんな事あるのかな?)、そうだとするとメーカーからもらったデータを編集部で出力して、メーカーからOKをもらってウチへ流していると思うので、メーカーはレーザープリンタの出力物しか見ていないので、
「なんだコリャ!」
ってなるのかも知れないです。
そうなる前に、営業さんがメーカーへ説明出来ているかどうかですが、編集部内の営業なんて印刷の知識無いでしょうから無理ですね。

あーあ、今週も印刷あるよ…。
印刷している輪転機の前で、
「こりゃクレームくるよ」
ってわかるんだもんね。
どうしようもないからそのまま納品。
で、
『どうなってるの!!』
って電話が来て、
「だから、言ってるじゃないですかー」
の繰り返し。
あーあ…。

あ、言い忘れましたが、時間とコストの関係からCTP印刷しています。
フィルムなら刷版で焼き飛ばすなり何なり出来るんだけど。
» 035
>tiger
キャリブレーションも何もPDFで完全データ入稿なら色はいじれないんじゃないの。

>1p目に出力したロゴの色と連続して出力した48p目のロゴの色が全然違ったんです。

これはクレームつくだろ普通、逆に何でこんなことが起きるの?カラーマッチングどうこうじゃなく、それ以前の問題だと思う。
» 036
>ダダ
ちゃんと読んでから書けよ