グラフィッィクデザイナーとDTPデザイナーってどう違うの

はじめて投稿します。グラフィックデザイナーとDTPデザイナーってどうちがうんですか?当方インディーズのCDのデザインばかりやっていて、全くお金になりません。
» 001
そもそも一般にデザイナーとは、知恵とアイデアを出す人です。
グラフィックデザイナーは、一般にポスター、新聞、雑誌なのの広告案をつくったり、出版、パンフレットフライヤーなどの印刷物のデザインアイデアを考えたりする人です。
で、今日たいがいのデザイナーは、DTPでその作業を行います。よってグラフィックデザイナーももDTPデザイナー同意語になるのかなと察します。
DTPデザイナーとは広告業界ではあまりいいませんね。
インディーズのCDのデザインもグラフィックデザイナーですね。DTPつくろうが、紙のスケッチであろうが、デザインアイデアを考える人がグラフィックデザイナーということで。
ちなみに類以後にDTPオペレーターといった言葉を耳にします。これは、どちらかというと予め決められたフォーマットに文章や写真を割り付けるといった、単行本とかわりと単純なレイアウト作業を行っている人たちのことを指すと思います。
出力サービスセンターや印刷所などで、デザイナーから渡されたデータを面付けし出力作業をする人たちのこともDTPオペレーターといいます。
それと混同して使われてるのかな…
…お金のない人からはお金ももらえないですよね。
» 002
ありがとうございます。1案件3万円です。それで3パターン。(泣)
» 003
もともと「職工」といっていたたぐいの仕事を人が集まらない
からといって、○○デザイナーという若者好みの肩書きを作った。
印画紙で版下を作っていた頃には「フィニッシュデザイナー」
なんてのもあった。
デザイナー学校の卒業生っていうのは、学校である程度、印刷
知識を教えているし、デザイナーとして一人前になるまでは、
このくらいの安い給料でもがまんしてくれ―と、採用する側に
とっては○○デザイナーという肩書きは好都合だ。
ちなみに上場会社でデザイナーという肩書きがある会社は
どのくらいあるか電話取材するとおもしろい。
» 004
DTPはグラフィックデザイナーの仕事の一部(作業過程の一部)であって、デザイナーという職種の頭に付けるのはおかしい。
DTPデザイナー=DTPオペレーターという意味合いが今は強いと思う。
» 005
いろいろ教えていただき、有難うございます。