〈Illustrator〉EPS保存のチェック項目

いつも拝見して勉強させていただいています。

EPS保存の際のチェック項目についてぜひ教えて頂きたいことがあります。

IllustratorEPS保存する時に「CMYKポストスクリプト」というチェック項目がありますが、過去、製版の出力現場にいたとき、必ずチェックを入れると教わりました。その後、チェックを入れたことで問題がおきたことはなく、入稿の際、はずしてくれと言われたこともありませんでした。
チェックをいれておけば問題ないということで、いままで意味を深く知ろうとしなかったのは勉強不足でした。

現在は制作の側にいるのですが、入稿条件ではじめてこのチェックをはずすという条件を目にしました。
このチェックの意味を調べたら、「CMYKモードにしか対応していないアプリに使用する際に、このチェックを入れておくと、RGB指定でもCMYK情報も書き込まれ、使用できる」というような説明がありました。

ここで質問なのですが、上記の意味というは
RGBを使用していてもそのオブジェクトをCMYKオブジェクトとして認識し出力する」
という理解で正しいのでしょうか。

RIPRGBデータでもCMYKに変換して出力というのがありますが、それと同じように、CMYK変換を自動で行うということなのでしょうか。

あと、このチェックをはずさないとトラブルになるという環境は存在するのでしょうか。

チェックをはずすという条件は、RGBが使用されているデータがはじかれないのが困るということなのかなと思ったのですが、この理解は正しいのでしょうか。

もちろん最終的には相手に確認すればよいと思いますが、一般的にどうなのか知りたいと思い、質問させていただきました。ご存じの方はぜひ教えてください。参考になるHPのURLでもかまいません。

よろしくお願いします。

Illustrator 9.0.2までしか使用したことがありませんので、その場合です。
もしCSではまた違うということであれば、今後参考にさせて頂きたいので、教えてください。