PostScriptフォントがOSXで使えない!

始めて質問させていただきます。
フォントスーツケース付きのPostScriptフォントについて!
G4-OS9.2のクラシック環境で使っていた欧文書体を
Pro-OS10.4.7に持っていった所、フォントとして認識しません。
OS9.2環境下では、スーツケース160K、PostScriptフォント20K と容量があるのに
OS10.4.7では容量サイズがどちらも0KBになって、種類が「Unix 実行ファイル」となります。
PostScriptフォントでOS10.4.7環境下で使えないフォントがあるのでしょうか?
また、拡張子追加などで使えるようにすることは可能でしょうか?
よろしくおねがいします。
» 001
DTPの壷の過去ログですが、ご参考までに。
*http://dtp-bbs.com/dtptubobbs/archives/2003/05201054001086_os9_osx.html
» 002
いき様 ありがとうございます。
これはOSXのシステム環境で「Classic」パネルがある場合ですね。
PC内にはOSXのSystemしかないので、ちょっと無理でした。
他の欧文PostScriptフォントを持っていって、
OS10.4.7環境でも使えるものもあります(拡張子無しで)
その辺の違いが良く分かりません。
» 003
>>これはOSXのシステム環境で「Classic」パネルがある場合ですね。
いや、違うと思うんですが...

どうやってフォントをインストールしました?

そもそもPostScriptフォントって言っているは具体的に何ですか?(種類やフォント名)
» 004
ほえほえ様
>いや、違うと思うんですが...
スミマセン、同PC内でOS9.2とOSXが同居していないもので…
OS9.2とOSXは別々のPCになります。

フォントは HD/ライブラリ/Fonts にドラッグしました。
その前にOS10.4.7環境下に持っていった時点で、フォントと認識していないようです。
幾つかのフォントを持っていくと、使えるものと使えないものが出ます。
例・○ Trade Gothic
  × Franklin Gothic

>そもそもPostScriptフォントって言っているは具体的に何ですか?
欧文書体の「PostScript タイプ 1 フォント」のことです。
» 005
>>OS9.2とOSXは別々のPCになります。
>>フォントは HD/ライブラリ/Fonts にドラッグしました。
それってライセンス的に問題ないんでしょうか?

>>欧文書体の「PostScript タイプ 1 フォント」のことです。
うーむ、そういう事では無くて....
OCFとか、CIDとか知りたいんですが...
» 006
OCFとか、CIDとか知りたいんですが...


» 007
>>004
インストーラ等からインストールした直後の
フォントを入れたらどうなります?

>>005
この場合のタイプ1は欧文のType1フォントを指してる。
» 008
ほえほえくん、ものを知らないのに出しゃばると恥ずかしいよ
どう読んでも欧文フォントの話をしている所に
CID? OCF? 馬鹿丸出し

フォント関係の話が出てくると
スレ主を犯罪者扱いをしたがる馬鹿が多いから
スルーしなきゃならん書き込みが多すぎるね...
» 009
Adobe環境だけでいいなら、
Library/Application Support/Adobe/Fonts
に入れるとけっこう使えたりする。
» 010
容量が0KBになった時点で既におかしいような気がする。
» 011
具体的なフォント名があると、試してくれる人がいるかもしれない。

Pro-OS10.4.7 って、IntelMacですか?
» 012
>容量サイズがどちらも0KBになって

これが問題なので、OS Xマシンへのフォントのコピーの仕方に問題があったのでは?
» 013
沢山のレスありがとうございます。

>>010 >>012
そうなんですよね、0KBの時点でフォントではなくなってしまっている。
OSXには共有ファイルを使ってコピーしたり、CD-Rに焼いたものから落としたり…
どちらもOSXのデスクトップ上では0KBの「Unix 実行ファイル」になってしまう。

>>011 Pro-OS10.4.7 って、IntelMacですか?
はい、まさか「これがダメ」って言わないでくださいよ…w
他社のOSX環境でも起きているらしいので、
IntelMacの仕様では無いと思うのですが…

いろいろ調べて試してみます。
解決策が見つかったら(または諦めたら)報告します。
ありがとうございました。
» 014
Mac のファイルシステムって、データフォークと
リソースフォークという2つの情報を格納する領
域があるんですけれども、途中経路がリソース
フォークを考慮しないものを経由すると、リソー
スフォークが落ちるわけですけれども、Mac の
Type 1 フォントってことごとくリソースフォー
クにデータが入っているので、お陀仏になります。

というわけで、リソースフォークを落とさないよう
にする方法を確保すればいいわけです。そう考え
ると、

1. リソースフォークが落ちないようなサーバ経由
2. リソースフォークが落ちないような CD-R 焼き方
3. リソースフォークが落ちないような圧縮解凍方法
4. リソースフォークとデータフォーク入れ替える
  ソフト(試してないけれども)

お手軽なのは、3. で、利用できるものとして、

・Mac OS 9 用 DropStuff+Mac OS X 用 StuffIt
  Expander
・Mac OS 9 用 MacLHA + Mac OS X 用 HappyLHA

あたりがリソースフォークを落とさないで圧縮
解凍できるやり方ではなかったかなあと思ってい
ます。
» 015
CL様
ありがとうございます。
>・Mac OS 9 用 DropStuff+Mac OS X 用 StuffIt Expander
まさしくこの方法でPostScript Type 1 フォントが生き返りました。
本当に感謝です。

0KBの「Unix 実行ファイル」に変わってしまった時点で
「どうなってるんだ?」とアタフタとしてしまったけれど
こういう事だったんですね…Macは深いなぁ~(笑

ありがとうございました。
そしてレスをくださった多くの皆さん、ありがとう。
» 016
今後「ほえほえ」ってコテハンは消えるのかw