ディスクウォーリアについて

» 214
[214]ディスクウォーリアについて 投稿者:もる 投稿日:2000-07-04 21:17:00
はじめて書き込みさせていただきます。
雑誌で読んだ「ディスクウォーリア」を購入しようと考えているのですが、実際のところ、ノートンディスクドクターよりも高性能なのでしょうか?
今使っているMacはつい先日買ったG4名のですが、以前使用していたMacは大変トラブルが多かったので、今回はそんな事態に備えようと思っています。
OS9に対応しているノートンは持っていないので、今回どちらを買おうか迷っているのですが。。。。。
どなたかよろしくお願いいたします。

それと、全然違った質問なのですが、こちらのHPと同様、DTPに関する掲示板を探しています。名前はたしか「DTP Bord」だったと思います。以前のMacが壊れる前に質問を書き込んだのですが、壊れたと同時にURLも無くしてしまって、どんな返事が来たかも分からないし、お返事をくださった方にお礼も言えない状態でいます。
(検索しても見つからなかったのです。。。)
こちらの方もどなたか御存じの方、お願いいたします。
(長くなりましてすみません。。。)
» 219
[219]どうもありがとうございました。 投稿者:もる 投稿日:2000-07-05 10:46:00
TOMさん--細かな解説を、どうもありがとうございました。
トラブルのパターンによって使用するソフトも違うということですね。
私が使用していた以前のMacはどちらかというと、マシンやシステム自体のトラブルが多かったです。やはりノートンも捨てがたいのですね。
再度検討します。あ、でもTechTool Proというソフトも欲しいなあ。。。あとは予算との兼ね合いです。(許されるなら全部欲しいです)

小国さん--駄目もとで質問してみたのですが、本当に教えて下さる方がいらっしゃるとは!とても助かりました。のちほどかきこみに行こうと思います。有り難うございました!!
» 226
[226]Re: どうもありがとうございました。 投稿者:TOM 投稿日:2000-07-06 23:40:00
> 私が使用していた以前のMacはどちらかというと、マシンやシステム自体のトラブルが多かったです。やはりノートン
>も捨てがたいのですね。

ウ~ン!もしかしてフォントの積みすぎが原因では?
こればかりはメンテナンスユーティリティでも解消出来ません。
OS8.6以前まではアクティブフォント数128の制限があります。さらにファインダの取り扱い数347の制限もあり、
これらが重なってさまざまなシステムトラブル(システムヒープ)を引き起こします。
もしこれが原因でしたら、使用しないフォントをシステムフォントフォルダから待避させるか、フォント管理ユー
ティリティ(ATM Delux、Suitcase、マスタージャグラー等)でシステム外で管理すればシステムが安定します。
さらにユーティリティ側でアクティブフォント数を拡張してくれますのでより多くのフォントを使用出来ます。
OS 9 ではアクティブフォント数512、ファインダの取り扱い数8,169個に増えていますので、よほどの事がない限
りこの問題(システムヒープ)は起きません。とは言ってもDTP業務で安定して使用出来るようになるまでにかなり
苦労しましたので、普段業務で使用しているマシンへの OS 9のアップデートはやはり覚悟が必要です。
一度フォントフォルダの中身を調べてみたら解決策が見つかるかもしれません。(もし違ってたらご勘弁ください。)
» 238
[238]なるほどなるほど・・・。 投稿者:もる 投稿日:2000-07-07 20:48:00
G4に変えてからも一日に1度は再起動したりしてます。
さっそく ATMでフォントを整理しました。
よその人でG4使っている人に言わせると
「そんなに再起動するなんて、やっぱ使う人を選んでるんでは?」
だ、そうです・・・・。(-o-;)
これからはそんなにフリーズしなければいいんですけど・・・。
う~んディスクウォーリア、欲しいです。(結構おすすめという人もおりまして。)
このソフトって販売店に問い合わせたのですが(すべて東京都内)、在庫がないみたいなんです。持ってる方って注文したのでしょうか?

道にこつこつとシステムの管理をするのがいちばんいいのでしょうね・・・。
» 216
[216]Re: ディスクウォーリアについて 投稿者:TOM 投稿日:2000-07-05 00:21:00
> はじめて書き込みさせていただきます。
> 雑誌で読んだ「ディスクウォーリア」を購入しようと考えているのですが、実際のところ、ノートンディスクドクターよりも高
>性能なのでしょうか?

性能的には何とも言えませんが、「ノートンディスクドクター 」と「ディスクウォーリア」では私なりに使用目的が違い
ます。
「ディスクウォーリア」はディレクトリを再構築して、トラブルの発生しているデータのディレクトリ構造を修復した上で
復元、あるいは修復ディレクトリを置き換えします。いわばトラブルとして一番発生する確率の高いディレクトリのみを扱
う単機能メンテナンスユーティリティです。トラブルの起きたデータを復元したうえでバックアップを取り、ディレクトリ
の置き換えを行わなければ元データには一切手を加えませんのでデータの損失を招く事はありません。
一方「ノートンディスクドクター 」は万能メンテナンスユーティリティとしてさまざまなトラブルを解消します。ただし、
基本的にはトラブルが発生している部分にパッチを当ててその場しのぎ的な処理を行いますので、場合によってはデータを
損失してしまう危険がありますが信頼性は高いです。アナウンスの内容を十分理解した上で上手く使えば非常に便利ですし、
大変役に立ちます
トラブルの発生したデータを出来るだけリスクを少なく復活させたい時は「ディスクウォーリア」、システムやマシンがお
かしな動きをしだして回復したい時にはまずは「ディスクファーストエイド」、そして次に「ノートンディスクドクター 」
と使い分けています。ついでに「Tech Tool Pro」という選択肢もあります。(何故か他にもいろいろなメンテナンス関連
ツールが私の手元にあります。ウ~ン!いつの間に・・・(^。^;))

参考までに、トラブルの起きたデータを復活したいのでしたら「Data Rescue」というシェアウエアも非常に安全な方法で
データを復元してくれます。(復元に時間がかかるけど、最後の頼みの綱という時は強い見方!)
http://www.wildbits.com/rescue/index_j.html
» 215
[215]DTP Bord 投稿者:小国文男 投稿日:2000-07-04 21:33:00
> それと、全然違った質問なのですが、こちらのHPと同様、DTPに関する掲示板を探しています。名前はたしか「DTP Bord」だったと思います。

DTP Bordは、こちらのことでしょうか?

http://www.hoku.co.jp/wwwboard/