またまた立体文字について

[11966]またまた立体文字について 投稿者:ケイスケ 投稿日:2006/01/05 19:07
あけましておめでとうございます。
今年もよろしく御願い致します。
イラレ8.0 OSはWIN XP HOMEです。
立体文字を求めてウェブをさまよい歩き ようやく亭主様に
"SHADE 8 BASIC"を御紹介いただきまして
体験版をダウンロードしましたが「レンダリング」「掃引」
「SCRIPT」等の単語が難しく 苦戦しています。
当方 スポーツ店を経営しておりまして イラレ8.0でデザインした文字を「昇華加工」が出来るプリント工場にデータとして送り ほぼ イラレのデータ通りにプリントしてもらっています。そのプリント工場が昇華プリントをする為には「アウトライン化され 末尾がai形式で保存されたイラレのデータ」である事が条件です。
SHADE 8 BASICで作製した立体文字を イラレに「渡して」アウトライン化して 末尾がai形式で保存する(=その立体文字を 再びイラレで加工出来る)のは
可能なのでしょうか。
SHADEのユーザーが集うサイトの掲示板にも投稿したのですが ハッキリした回答が得られず また このサイトに
投稿させていただきました。
よろしく御願い致します。

Re: またまた立体文字について 投稿者:亭主 投稿日:2006/01/05 20:42
一般的な「立体文字」作成の方法として、SHADE等も紹介しましたが、或る特定の目的の為で有ればそれなりに対処しなければならないでしょうね。

>そのプリント工場が昇華プリントをする為には「アウトライン化され 末尾がai形式で保存されたイラレのデータ」である事が条件です。

......と言う事情も私には分らないのですが、いずれにしてもIllustratorのパス情報が必要なのであれば、当然SHADEのデータそのままではダメでしょう。
IllustratorCS以降の、3D効果もダメだと思います。

>SHADE 8 BASICで作製した立体文字を イラレに「渡して」アウトライン化して 末尾がai形式で保存する(=その立体文字を 再びイラレで加工出来る)のは可能なのでしょうか。

SHADEからレンダリング(2D化)されたデータはビットマップですから、そのままではアウトラインデータにはなりません。Illustratorでクリッピングマスクにより必要な画像だけを切り抜いたものが、その昇華プリンタに掛かるのかどうか?
と言うことだと思います。


しかし、どちらにしてもそれ程複雑な「立体文字」を作る訳ではないでしょう。
Illustratorのバージョンも8.0で「3D効果」も使えない訳ですから、全てIllustratorのパスで、擬似的に奥行きを表現した方が良いと思います。
SHADEで作成したデータをIllustratorでトレースしたらどうでしょうか。

アプリ特有の用語を覚えるのは、まあしょうが無いことでしょう。
文字の立体化には、殆ど「掃引」で出来るでしょう。
「レンダリング」と言うのは、3Dデータを2次元のモニタやプリンタに掛かるよう、2Dのビットマップデータに変換することです。その際、陰や光源、移りこみなど様々な3Dデータが反映されます。

或いはIllustrator上で、「コピー→面にペースト」をし、面オブジェクトに別カラーの設定をした上で、45度右下に移動しただけでも、或る程度の立体感、或いはドロップシャドウを表現できます。

又「ロゴ作成」については、色々な書籍がでています。
そう言うのも参考になるでしょう。
Re: またまた立体文字について 投稿者:name 投稿日:2006/01/05 20:44
思い切ってIllustratorのパス変形プラグインを使用してみてはいかがでしょうか。
立体化とか波打たせたり、表現に幅が広がります。

Vector EffectsとかFilteritは便利ですよ。
Re: またまた立体文字について 投稿者:亭主 投稿日:2006/01/05 20:56
attached image今少し試しにやってみましたが、ブレンドでもある程度のことが出来そうです。
只プリンタに掛かるかどうか、それは不明ですが。

面にサイズを落としたテキストを配置し、前後でブレンドします。
Re: またまた立体文字について 投稿者:けんさく 投稿日:2006/01/05 21:19
> 昇華プリントをする為には「アウトライン化され
> 末尾がai形式で保存されたイラレのデータ」である事が条件です。

イラレ書類に画像が含まれていても良いと思いますよ。
昇華型プリンターは仕事で使うことも多いですが、
画像をプリントできないものってあるのかな?無いと思いますが。

shadeで作成した画像にはアルファチャンネルが付きますので
キリヌキ加工はPhotoshopで簡単にできます。
イラレ配置にも支障はないと思いますよ。
アングル変更したくなれば、shadeでrenderやり直しですが。

注)昇華型プリンターはRGBタイプかと思いますが
イラレ形式と言うことなので、CMYKが都合が良いのでしょうね。
配置画像の解像度も多分300(最低200)dpi以上必要になりますので
ai書類と言えど、結構大きなデータになります。(納品にメールでは無理かも)
3D画像のレンダーサイズに注意が必要ですよ。

【再度注意】
Shade、Photoshopの使用法の理解はもちろんですが、画像を扱うということは、
解像度の理解、カラーマネージメントの理解が必要になりますので
Illustratorをも、まだ理解されていない現在のケイスケさんには負担が大き過ぎに思います。

前々回スレッドでご紹介がありました(2005/12/05(Mon) 23:10 No.11485)
「とろやん」さんお勧めの「FilterItプラグイン」しかない!と思います。

*http://www.flashbackj.com/filterit/index.html
Re: またまた立体文字について 投稿者:ケイスケ 投稿日:2006/01/06 08:47
皆様の親身なご説明 本当にありがとうございます!
亭主様 NAME様 けんさく様からのアドバイス 全て
自分でトライしてみてから また この掲示板に御報告します。
Re: またまた立体文字について 投稿者:亭主 投稿日:2006/01/06 09:01
けんさくさんのご指摘どおり、Illustrator、デジタル画像の基礎についての理解を深めることが、結局は近道であるような.........。
この記事の書き込み元へのリンク (コメントや質問などはこちらへどうぞ)