属性パレットのアウトプット値

[13072]属性パレットのアウトプット値 投稿者:とも 投稿日:2006/04/17 19:29
attached imageお世話になります。いつも拝見させていただいております。
今さらなのですが、イラストレーター8.0.1での質問をさせていただきたいと思います。

当方でデータの送稿の際、毎回書類設定と属性パレットの
アウトプット値が800になっているか確認しているのですが、
「全てのオブジェクトがアウトプット値800なのに全選択をすると
アウトプット値が空白になってしまう」データに遭遇しました。
調べてみるとどうやら送稿の際、分割・拡張を適用した、
ブレンドのオブジェクトが原因でした。
その後、添付ファイルのような実験をしてみました。

分割したオブジェクトをひとつずつ調べてみると、
何個かおきに「アウトプット値800であるけれど他のオブジェクトと一緒に
選択するとアウトプット値が空白になってしまう」オブジェクトがありました。
そのオブジェクトだけ選択し、800と入れ直すと改善されるのですが、
全選択で800と入れ直しても空白の状態が改善されません。
他所でもう一度チェックされるのでどうしても全て選択で
アウトプット値800にならないと困るのです。
何個かおきにこのようなオブジェクトが存在するので、手動ですると
データのチェックの際、無駄に時間を取られてしまいます。
それでこのような症状が発生しないステップ数での作業をしていこうと思うのですが、
今一つ法則がつかめないでいます。
すでに出ている問題でしたら申し訳ございませんが、
どなたかお分かりになる方がいらっしゃいましたらご教授願いたいと思います。

こちらの環境は
OS/9.2.2
機種/クイックシルバー
メモリ/1GBです。
よろしくお願いいたします。
Re: 属性パレットのアウトプット値 投稿者:笹川%DTPオペ 投稿日:2006/04/17 19:52
一旦数値入力で0とか入れてエラーになった後に再度800とか入れると設定された経験あり。試してみてください。


>分割したオブジェクトをひとつずつ調べてみる

はーそういうのが原因のひとつだったんですねぇ。(何にも考えたこと無かったよ)
Re: 属性パレットのアウトプット値 投稿者:とも 投稿日:2006/04/17 20:05
早速ありがとうございます。
笹川%DTPオペ様の方法で試してみたところ、
1度だけできました。が、その後は800にしても
空白に戻ってしまいました。なんだったのでしょうか...。
しかし、そういう方法もあるのだと
その後いろいろためしてみたところ、
800以外の任意の数値を一旦入力、適応した後に
あらためて800と入力しましたところ、
100%の確率で800にできました。
根本的な解決になっていない気もしますが
こちらの方法で対応していきたいと思います。
ありがとうございました。




Re: 属性パレットのアウトプット値 投稿者:マサ 投稿日:2006/04/18 09:02
CSとか上位バージョンから8へ落とした場合、グラデーションではないのですが
パス解像度の確認は必須ですよね。
100とか300に落ちていた場合コマンドAで全選択して800にしますが、
再度選択すると数値のところが空白(数値が混ざっているのでしょう)になることがあります。
この場合は、個別に拾い出さないとだめでしょうね。
この記事の書き込み元へのリンク (コメントや質問などはこちらへどうぞ)