イラレ「リンクの置き換え」で反転

OS:ウインドウズXP
ソフト:イラストレーター10.0

1:まず、当たりの画像データを配置。
2:校了後、最終画像データを作成(フォトショップ解像度、色、サイズ等を印刷用にし、EPSで別名保存)
3:イラストレータ上で、当たりの画像を選択し、リンクパレットで「リンクの置き換え」を行う。

上記の、作業を行うと、置き換えられたEPSデータが左右反転する事があります。毎回ではなく、反転したりしなかったりで、原因や法則性がわかりません。
時間がない時は仕方がないので、反転した画像をさらにリフレクトさせて埋め込みます。
一度、左右反転になったまま印刷してしまい刷り直しになった事があり、それからリンクの置き換えをするのが怖いです。

職場のマックのイラレではこの現象は起きないし、知人に聞いても起きた事がないとの事。
この現象をご存知な方ご教授ください。よろしくお願いします。
» 確信は、ありませんけど
Macの8.01でリンクの「リンクの置き換え」で寸法並び左右の狂いを経験した事があります。
その時にデザイナーさんに確認したところ
Macとイラストレーターの調子がおかしい時
ならび配置で縮小・拡大・角度・前回のaiからの流用など写真をいじくり回すと
時々起こるみたいです。
(リンク情報の%・角度がおかしくなるようです。)
なおサイズ(写真寸法)を変えますと
トラブル発生しやすいです。
» >シーバスさん

レスありがとうございます。
「左右の狂い」というのは画像が左右反転している状態でしょうか? Macでも起こる事があるんですね。

>なおサイズ(写真寸法)を変えますと
>トラブル発生しやすいです。

確かに解像度を変えているのでサイズは変更しています。それで、反転する時としない時があります。

対策としては「リンクの置き換え」は使用せず、新たに画像を配置して整列等で同じ場所に配置し直した方がよい、と言った感じでしょうか?
» めったにおこりませんが

>画像が左右反転している状態でしょうか
はい 反転した時もあります。(おそらくイラストレーターで反転かけられた物だったと記憶してます。)
それとトリミングの位置が変わったりしました。

>対策としては「リンクの置き換え」は使用せず
あくまで僕のやり方ですが、リンクの置き換える時に拡大表示させながら慎重に置き換えてます。
(トラブルデーターは、限られてますから一度なれば、会社名・作成者名を覚えておいてその時はより慎重にやってます・笑)

>サイズは変更しています
これは要注意です。トリミングが変わりやすいですから

>新たに画像を配置して整列等で同じ場所に配置し直した方がよい

イラストレーター10.では、整列等で出来たと思いますがイラストレーター8.0では無理なんでアートーワーク表示で外枠を合わせています。(結構手間がかかりますが・・泣)
» >シーバスさん

とりあえず、異なるOSやバージョンでも起こりうると言う事がわかって勇気づけられました! ありがとうございました。

>トラブルデーターは、限られてますから一度なれば、
>会社名・作成者名を覚えておいてその時はより慎重に
>やってます

そうなんですよね。そう言えば僕の会社でも同じ現象が起こるのは同じお客さんからきた写真データです。

僕もこれから注意しててやっていきます!