Illustrator10J(mac)別名保存時にファイル形式「テキストファイル」となる現象の復旧方法

始めて投稿いたします。

イラストレータ10(mac)別名で保存ダイアログでAdobe Illustrator Documentとなるはずのプルダウンメニュー1行目が「テキストファイル」になってしまいました。拡張子は.aiのままで、保存されたファイルは編集可能なイラストレータ形式になっています。環境設定ファイルを捨てて再起動しましたが回復しません。作業上は支障がないのかも知れませんが、対処方法などをご存じの方がありましたらご助言頂けると助かります。

環境は、1.25GHz PowerPC G4 メモリ1.25G MacOSX10.3.9 Illustrator10J です。
心当たりのある要因は、CS2で10保存したデータを編集しなければならず、CS2をインストールしたことです。10とCS2の混在した環境になっていていますが、10形式のデータだけを作業している時に上記の現象が起こりました。急場の仕事の最中でしたのでCS2のアンインストールはまだ試していません。

よろしくお願い致します。
» 001
ファイルフィルタのリストテーブルが壊れてるのかな?
機能拡張設定ファイルは捨てましたか?
» 002
機能拡張設定ファイルは、ユーザ>ライブラリ>prefarences>Illustrator10とは別のフォルダにあるでしょうか。
» 003
ボクのところでもCSをインストールしたときに起きました。
すでにCSメインでCS2に移行中なので10はほぼ使わなくなってしまいましたが、どうしても使わなければいけないときは、メニュー表記の問題だけのようなので気にしないようにしています。
» 004
私のところでも起きました。
昨年末,Adobeのサポートに電話で聞いたところ,その現象は確認しているが回避方法はないとのこと。KOUJIさんのおっしゃるように,表記が異なるだけで動作については問題ないという回答でした。
» 005
ありがとうございます。とても参考になりました。
他にも同じ現象が起こった方があったのですね。
Adobeサポートが対処法がないというなら仕方ない。
保存する時には少し気持ち悪いですが我慢します。
CS2はアクティべーションがあるので、
アンインストールして再現性があるか実験するとしても、
手間が掛かってやっかいです。