特色の番号を指定する意味

皆さまお仕事お疲れさまです。
知らないで仕事をしていたのが恥ずかしい質問なのかもしれませんが、
どうぞ宜しくお願いします。

1~2色刷りの際には、何気なくカラーチップを添え、
刷上りとの差は、紙質、紙色などによるだろうと妥協していました。
しかし、ふと疑問に思ったのですが、カラーチップを添える意味というのは、

・このチップの色に極力合わせて下さい(紙質に関わらず再現できるようにインクは調合する)
なのか、それとも
・このチップの色で印刷して下さい(配合比は常に固定なので紙質による誤差はやむなし)
という事なんでしょうか?

最近はカラーカンプで顧客の確認を得て、同一のカンプを印刷所に渡しているので、
もし、インクの色は毎回微調整して調合するというのであれば、
色はカンプに合わせてもらって、
カラーチップを添えたり、データで特色のナンバーを
指定したりする必要は無いのかと思ったのですが、
どんなものなんでしょうか?
» 通常のチップを添えた特色印刷でもインクを配合して色を作ります。
別にそのチップナンバーのインクが用意してあるわけではないです。
ただしチップナンバーが解ればインクの配合比率も解るので
カンプの色に合わせてくれというよりは全然手間が違います。
元からある配合比率を元に紙質や気温・湿度に合わせ微調整するだけで済みますからね。
» ありがとうございました。
レスへのお礼が遅くなりました、申し訳ありません。

先日特色指定の機会がありまして、
印刷所にも問い合わせた所、同様の返事をいただきました。
その印刷所では、チップでは無く、カンプに合わせた配合も対応するが、
チップで指定の場合より時間をもらうとの事で、その場合も
近似色をチップで指示したほうが助かるとの事でした。