MACの中国語案件

MacOSX、Indesing3で中国語の仕事をしてくれないか?と依頼がありました。
当方中国語の案件を行ったことがなく、断りたいのですが、会社の方針で時間があるんだからどうにか用意しろ!との事です。

OSXに中国語の認識、表示機能が付いているのは知ってますが、何を用意すればいいかが検討付きません。
何かしらのキッドやフォント、、、何を用意しなければなりませんよね?

中国語案件こなしたことある方で詳しい方、何かアドバイスお願します。

DTPを行う時点での注意点もあったらお願いします。

» 001
あなたの会社なり協力会社に中国語(と中国語の組版が)わかる
人がいないとどうにもならんと思いますけど。
ただ文字を並べりゃいいってもんではないですよ。

>Indesing3

これはCS3か、CS(3.x)かどちらなんだろう。
» 002
匿名その100さんの言うとおりです。
逆を考えればわかる。
全く日本語のわからない人が組んだ日本語の組版、見たことないですか。
句点の打ち方、改行位置、フォントの選び方、その他諸々、日本語ネイティブからみるとめちゃくちゃでしょ。

>時間があるんだからどうにか用意しろ!
環境があれば、仕事ができるというわけではないと思います。これだけで受注して、その後始末は誰がするんでしょうね。
» 003
上の方々のおっしゃる通りです。最低読み書き入力できるものがいないとだめでしょう。ワードとかで日本語環境で入出力できるソフトもありますが、文字コードがBig5とかではないので印刷するとき困るのではないでしょうか?
翻訳会社と連携できるなら別ですがちょっとした単語ひとつの入力もできないのではないでしょうか?(自分がそれで苦労したので)
» 004
私も同意見です。
例えば「ソ」と「ン」の違い。
日本人なら、前後の単語のつながりから見ても違いは分かります。その言葉に精通してない人が組んだら、文字の形でしか分からない。
*http://portal.nifty.com/2007/01/28/b/
こんなことになっちゃいますよ。
中国の漢字も私たちが使っている漢字とは別モノです。簡素化されていたりして、全く知らない漢字も多いです。
» 005
皆様ありがとうございます。
OS9が支流の時代に同じ会社の人が中国語をやってた憶えばあるのですが、OSXのIndesingで作業してあるファイルを見た事がなく…。

外注できるかさがした所Winは見つかるのですが、Macでやってくれるところが無く…。。。

中国語テキストは発注業者からの支給なんで、こちらでは組みだけを行うと言う感じです。

でも私が心配なのはそのテキストがきちんとMacで表示されるか…、文字化けせずにIndesingで貼れるか。
フォントはどのようなものを使えばいいのか?
Macは中国語環境にしないとできないのか?

いろいろ未知の部分がありまして…。

IndesingはCS3もしくはCS4かもしれないとの事です。
オリジナルファイルがどうやら海外からくるので(英語)それを中国語に作り変えてほしいという事です。
発注業者がテキストを支給し、DTP終了後にネイティブチェックをしてくれるそうです。
こちらで中国語を入力する事はまずありません。
» 006
ここで拾い集めた知識だけでなんとかなされるおつもりなら、
非常に危険だと思いますし、やめておいたほうが懸命であることはスレ主様も判っておられるようですよね。

…が、どうしても受注しなければならないならば、
Winでやってくれる外注と連携なされてはいかがですか?お付き合いの仕方にもよるとおもいますが、外語組版を主として受注してる方々のアドバイスを受けながらの方がここでつぎはぎの知識をつけるより安心だと思います。

①Winで組版してもらったものを、②Macで開いて保存後、プリントアウト③確認・校正だし…という手順を基本処理にして作業するイメージですね。無論サンプルデータを多めに作って確認しておく必要があると思います。

同じバージョンのインデザインと、OTフォントを利用して組版してもらうことでOSとフォントの問題をクリアするつもりで…と、
ここまで書きましたが、やっぱり危険ですねぇ。
個人的意見としては、受注をお勧めはやはりできません。ご幸運を祈ります。
» 007
鯨さん

いろいろアドバイスありがとうございます。
印刷会社の都合でどうしてもMacを選択しなければなりません。
実は去年違う仕事でIndesingCS3の仕事があったらしいです(私は介入せず)、MACでお願したはずなのに、外注がWinで作成してしまい、アウトライン後出力センターで別名して納品したそうです。
しかし、アウトラインを作成した後に、段落に入っていた罫線などが全部飛んでしまい大変だったとか。。。

印刷会社のお願で多言語の時はなるべくアウトラインをという希望はあるみたいです。
Winで外注に作ってもらってアウトラインをかけてもらいMac保存…多分誤差は無いと思われますが、、、
う~ん危険ですね。
それに最終的な所でちょっとした直しを要求された時、外注に戻すのも大変ですね。

難問だらけですね。

受けたくないのですが、それなりに明確な理由をもっと集めなくては。。。と思います。
» 008
今回の件とはずれますが
Winでの制作での事故というより
InDesignデータをアウトライン(グラフィック化)する工程に原因あるような気がします
» 009
元々作った会社(海外)が後の作業(アウトライン)を考えないで作ったので、線が飛びました。
1から作るのではなく、オリジナルがありそれに上書きという作業になります。

アウトラインを考えて作れば発生しなかった問題ですが、それをこちらから提案するのは、業者が間にいっぱいいますので、難しいみたいです。

あとすいません、ちょっと質問です。
当方あまりInDesignの作業を行った事が無いのですが、Winで作ったものをMacに書き換えた場合、フォント以外に問題ってありますでしょうか?
» 010
日本語のものですらアウトソーシングで中国に出す時代。
なおさら中国にアウトソースすればいいのに...と思うのは私だけ?
» 011
>なおさら中国にアウトソースすればいいのに
確かに。でも中国でMacってどうかな。
PDFで入稿できないんでしょうか。アウトラインとるよりよっぽどましな気が。
あと、中国語でOTFってあるんだろうか。
自分はTTで依頼しました。
» 012
>るくしおんさん
>とくめさん

中国のDTPが酷いので日本業者探してるらしいです(カタログの仕事です)。
こちらでも何件か中国語業者あたってるのですがMACのIndesingやってくれる会社が今の所見当たりません。
Indesing=Winのようです。

あと指定の印刷会社PDF入稿をOKしてくれてないので無理なんです。
生データでの入稿になります。
» 013
>でも中国でMacってどうかな。
結構ありますよ
オペレーターも日本語話せば、日本語でメールやりとりもするし。
精度はともかく。
» 014
ダイナフォントから中国語フォントはでてるけど
*http://www.dynacw.co.jp/dynafont/truetype/11mac.html
*http://www.dynacw.co.jp/dynafont/opentype/05mac.html

組版、配色の好み等違いがあるし、CMYKってなんだって言われ全部パントーンで指定しろと言われた…
» 015
もう解決しましたかね??
遅いかも知れませんが、参考までに経験談を。
ただ、インデザじゃなくて、イラレ進行です。

1)中国語の翻訳業者に発注。テキストデータで納品
2)デザイン作成・流し込み
  フォントは↑のCR-Xさんが挙げているダイナフォントTTを使用
3)デザインしたPDFを、1)の業者さんに渡し、流し込み間違いないか等、校正(素読み)してもらう。
4)アウトラインとって、下版

3)の作業は、業者さんに予め事情を説明し、対応をしてもらう事を前提に受注してもらいました。もちろん、中国人スタッフがいる所にお願いしました。

環境云々より、どのように進めて行くかの方が問題多かった気がします。
簡体字・繁体字どちらを使うのか? 文章がおかしかったり文字が間違えていても、気づきようがないし、責任取れない等々・・・クライアントに、何度も説明して理解してもらう事の方が重要かもしれません。

余談ですが、中国語って、文頭2文字下げだそうです。ヘンな感じがしました。
» 016
補足。
○必要なもの
 →中国語書体

○テキストがきちんとMacで表示されるか?
 →発注者さんから中国語テキスト貰えるのなら、適当なテキストを貰ってテストしてみては? すんなり作業が進まなければ、断る理由になります。

PDF入稿不可、生データ入稿
多言語を生データで入稿するのは、危険だと思いますよ。
印刷会社さんが、PDF入稿に対応していないことは、これまた立派に受注を断る理由になるのでは?

 テキストの部分だけ、イラストレーターアウトラインを取って画像ファイルにし、インデザイン上に画像として張り込む、って荒技はいかがでしょうか?
» 017
参考までに私が過去(2004年)に行った例をお知らせします。

環境:MacOSX(同時10.2.8)
使用アプリ:InDesignCS・IllustratorCS
使用フォント:STHeiti・STKaiti・Beijing
(OSに元々存在しているフォント(TTF))
制作内容:あるシステム器材のマニュアル2点
ページ数:10Pと36P
納品物:InDesignデータと付属物一式とPDFデータ
支給されたもの:中国語のテキストデータと中国語版の画面データ

テキストに関しては支給されたままを使用。
客先にPDFで内容を確認していただきました。
印刷にはPDFを使用していたと思います。
» 018
できなくはないです。
ただし、翻訳は翻訳会社にお願いします。(当たり前か)
FEPは標準でついています。数文字の修正ならローマ字読みと漢字を赤字で返してもらえれば誰でも入力できます。
フォントにある程度のこだわりが欲しければダイナフォント等を購入すれば十分ですし、なければシステム付属のものでいいでしょう。簡体字か繁体字かは確認してください。翻訳会社にはUnicodeであることも一応伝えましょう。校正はPDF-X1aにて。Adobe Readerがあればどこでプリントアウトしてもデザイン、文字とも崩れません。出力もX1aであればアウトライン化の必要がありません。むしろX1aに対応していないような製版屋に頼むとIndesignのデータをアウトライン化などという馬鹿げた行動に出たりします。
とりあえずこの程度で中国版のデータは完成します。ただしネイティブではないので、現の人から見ればおかしな文章満載の可能性もあります。翻訳屋の精度と、ネイティブな人の校正が受けられるかがポイントですかね…。
ちなみに何ヶ月かやっていると、書けはしないまでも、翻訳された文章になにが書いてあるか意訳でなんとなくわかるようになります。w
» 019
ついでに…
アウトライン化する必要があるならPDFに書き出したものを透明オブジェクトを使ってゴニョゴニョしたほうがいいですよね。