PCトラブル、修理の顛末記

[16185]PCトラブル、修理の顛末記 投稿者:亭主 投稿日:2007/06/11 07:16:01
ノートパソコンが不調となりました。機種はDELLのInspiron9400、Dコア2GHz、2Gメモリ。

最初画面上に細かい波上のノイズが走るようになり、次に青い画面に訳の分からないエラーメッセージが羅列する、いわゆるブルースクリーン状態になりました。
実は丁度その前日、私が面倒を見ている同僚のパソコンが同じブルースクリーンになり、半日かけてOSの再インストールで解決したばかりでした。
だから私も、そろそろハードディスク初期化のタイミングかな、と、その時点では楽観視していました。

その後、2日ばかり正常な状態に復帰し、そのまま使っていたのですが、今度はノイズやブルースクリーンどころか、電源を入れても全く何も表示されない「ブラックスクリーン」状態になってしまいました。
再インストール用のWin CD-ROM も受け付けません。要するに無反応。

OS再インストール、最悪の場合ハードディスクの交換も覚悟していたのですが、ここに来て少しおかしいなと思うようになりました。
OSや、それを格納しているハードディスクがいかれても、最初のDELLのロゴやWinのロゴは表示される筈だと思ったからです。それはOSでなくBIOSの受け持ち範囲である筈だからです。

そこでDELLのサポートに電話をしてみました。
(この顛末の間、前後3回電話しましたが、待つことなく直ぐに繋がりました。又、対応も極めて適切なものでした。
「後でメールをするから、対応についての評価を聞かせて欲しい」旨のメッセージが有ったので、若しかしたらサポートについてのキャンペーン期間?だったのかも)

1回目のサポートでは………、

先ず電源コードを抜き、電池も外し、
本体内の滞留電気を放電する為電源スイッチを長押し
次にメモリモジュールの抜き差し

…をせよとのことで、その通りにしたところ、正常に復帰しました。
時に、メモリの接触不良が原因でこう言った症状が出ることが有るのだそうな。
適切なサポートに礼を述べて電話を切りました。

ところが、次に電源を入れたところ又同じような「ブラックスクリーン」状態。
今度は上記手順を試してみても効果なし。
そこでDELLへの2回目の電話をしました。

状況経過及び、自分の意見等を伝えたところ、即座に「マザーボードの交換になるので、宅配業者を差し向ける。本体を1週間くらい預かることになる」とのこと。
購入後、既に1年以上経過しているので「費用は幾らか?」と聞いたところ無料とのこと。私の勘違いで、こう言ったケースでの保障期間は4年でした。
ハードディスクの交換を覚悟していた私としては、大いに安堵して指示通り修理に出すこととしました。
これが、6月8日の金曜日、修理から帰ってきたのが12日の火曜日。
ハードディスク内のデータもそのまま無傷でした。

今まで使っていて、細かなトラブルも蓄積していたことだし、アプリケーションも増えて、C領域も手狭になっていたことだし、この際ハードディスクの初期化とパーティションの切りなおし、OS、アプリの再インストール、各種設定のやり直しをすることとしました。
今まで繋がらないまま放置しておいた、デスクトップとの無線LANによるファイル共有も確立し、現在非常に快適な状態で使っています。

修理の際、ついでに頼んでおいたキーボードの傷の修理も、キーボード全体を交換してくれていたし、当初、少なくともハードディスク交換費用位は覚悟していたのが、全て無料で終わり、いわば怪我の功名、と言ったところでした。
この記事の書き込み元へのリンク (コメントや質問などはこちらへどうぞ)