CSのぼかし機能について

[7307]CSのぼかし機能について 投稿者:cha 投稿日:2005/01/19(Wed) 16:49
WinXPでllustrator CSを使用しています。

例えば300×300のボックスを作り、そのふちにぼかしをかけたい時、
効果→スタライズ→ぼかし を選び、3mmのぼかしを入れたとします。
このオブジェクトのサイズを400×400に拡大するとぼかしが消えてしまうのです。
プレビューの問題かと思い、ふちを拡大してもぼかしが確認できませんが、
機能としては残っていて、また縮小すると現れます。
これはぼかし機能に大きさの制約があるということでしょうか。
A3サイズの単純なオブジェクトにぼかしをかけたいので、
ご存知でしたら教えてください。
よろしくお願い致します。
Re: CSのぼかし機能について 投稿者:目 投稿日:2005/01/19(Wed) 20:44
同条件で試したところ、ちゃんとぼかしになりましたので、機能の問題ではないと思われます。
もしかして、メモリの関係ではないでしょうか。むかし、容量が少ない時、画面上ですぐに効果が反映されない場合がありました(機能としては反映されている)。その場合、とくに警告文などは出ておらず、画面を最小化してからもとに戻すと再度プレビューしてくれたりしてました。
cha様の場合も、機能として残っているのなら、400*400にしたのち、一度保存して、再度開いてみてはいかがでしょうか。(プレビューの問題かそうでないかは分かると思います)

見当違いな回答ならすみません。
追記 投稿者:目 投稿日:2005/01/19(Wed) 20:49
言葉不足がありました。
「むかし」というのは、私が以前使っていたパソコンのことです。一般的な話ではありません。混乱させる使い方をして、申し訳有りません。
Re: CSのぼかし機能について 投稿者:さがお 投稿日:2005/01/22(Sat) 12:58
書類のラスター効果設定の解像度によってもボケ足の位置が変わる場合がありますよ。
この記事の書き込み元へのリンク (コメントや質問などはこちらへどうぞ)