慎重に、保存しているのにもかかわらず

[16512]慎重に、保存しているのにもかかわらず 投稿者:アップリケ 投稿日:2007/08/14 13:51:56
OS X 10.4.9で、イラストレーターCS2を使っています。ファイルを保存して、一回閉じて再度開くと元にもどっている現象があります。(一瞬、デスクトップにファイル名の長い意味不明のファイルができます)大変危険に感じて「別名で保存」にしたりするのですが。どなたかご教授ください。よろしくお願いします。
Re: 慎重に、保存しているのにもかかわらず 投稿者:笹川%DTPオペ 投稿日:2007/08/15 00:13:58
結構昔から言われているネタで、以下のやりとりにもあるんだが(2004年06月18日)、

イラストレータのデータ保存について
*http://dtp-bbs.com/dtpbbs/archives/_20040618162308.html
に書いてある

[215678]Illustrator 7.x 8.x:Illustrator で[取り消し]コマンドを使用すると[保存]コマンドの表示が暗くなる
*http://support.adobe.co.jp/faq/faq/qadoc.sv?215678+002

Adobe Illustrator 7.x 以降のバージョンで、[保存]コマンドを使用した直後に[取り消し]コマンドを使うと、次に[保存]コマンドを使ったときに修正内容が保存されません。Ctrl+S キー(Win)/Command+S キー(Mac)を押しても何も起こらず、また[保存]コマンドの表示が暗くなって選択することができません。

[保存]コマンドの表示が暗くなっているときにファイルを閉じると、Illustrator はファイルが保存されていないことを示す警告を表示しません。このため、ファイルが保存されていないことに気付きません。

っていうDTPerとしては「それはどう考えてもおかしくない?」仕様のバグはIllustrator CS2でもまだあんのかなぁ?(今、手許にIllustrator CS2がないから分からないけど)まだあるようならそういうことなのでは。

あとは保存先でMacOSXのSpotlightが悪さをしているとか。
私はSpotlightのおかげで全然保存できなかった時期がありました。(笑)
Spotlightなんか切っちまえ!(笑)
Re: 慎重に、保存しているのにもかかわらず 投稿者:アップリケ 投稿日:2007/08/18 01:15:23
笹川%DTPオペ様、大変参考になりました。CS2でも同じファイルが一瞬、2個できていたり、などの現象があったのです。またSpotlightのことも勉強してみます。ご丁寧にありがとうございました。
この記事の書き込み元へのリンク (コメントや質問などはこちらへどうぞ)